住宅・建物・店舗等の扉周り専門 カギ舎株式会社 EPIC電⼦錠 設計価格表

TEL0120-69-0569年中無休・24時間受付
EPIC電子錠の鍵交換

「鍵の開け閉めに手間がかかる」「扉を開けるたびに鍵を探すのが大変」という場合には、EPIC(エピック)の電子錠をおすすめします。EPICの電子錠に鍵交換をすれば、物理的な鍵を持ち運ぶことなく、スムーズに扉の施錠・解錠を行うことが可能です。EPICの電子錠は、オートロック機能も搭載されているため、閉め忘れのリスクが軽減されます。従来の鍵穴タイプと比較すると、EPICの電子錠はセキュリティや防犯対策に優れています。電子錠は電池の力で施錠・解錠を行うので、電気錠のような大掛かりな配線工事が必要ありません。
EPICの電子錠は引き戸や開き戸といった、さまざまなタイプの扉に後付けが可能なので、スムーズに扉の開閉を行うことができます。ここでは、EPIC電子錠の製品を詳しく紹介しているので、電子錠の取り付けや鍵交換する際の参考にしてください。

製品名 写真 型番 扉のタイプ 特徴・機能 価格(税込)
EF-8000L3
(EPJP-8000L3)
EF-8000L3の商品画像
EF-8000L3の商品画像 EPJP-8000L3 開き戸 暗証番号
指紋認証
非常キー(標準で2本付属)
ICカード(Mifare®対応、標準でICシール2枚、ICタグ2枚付属)
72,380円
ES-L200
(EPJP-L200)
ES-L200の商品画像
ES-L200の商品画像 EPJP-L200 屋内ロッカー
暗証番号
18,480円
ES-F300D
(EPJP-F300D)
ES-F300Dの商品画像
ES-F300Dの商品画像 EPJP-F300D 開き戸
暗証番号(4~12桁)
ワンタイム暗証番号(4~12桁)
指紋認証 最大100指まで登録可能 ICカード(FeliCa®/Mifare®)最大200個、標準付属品4個(カード型2個、タグ型2個)
リコモン(別売)
無電圧a接点(専用ケーブル別売)
アプリ(iPhone/Android)
50,380円
ES-L200C
(EPJP-L200C)
EPJP-L200C 屋内ロッカー
暗証番号
ICカード(Mifare対応)
20,680円
ES-300D
(EPJP-300D )
ES-300D の商品画像
ES-300D の商品画像 EPJP-300D 開き戸
暗証番号(4~12桁)
ワンタイム暗証番号(4~12桁)
ICカード(FeliCa®/Mifare®(※2))最大200個※1、標準付属品4個(カード型2個、タグ型2個)
リコモン(別売)
無電圧a接点(専用ケーブル別売)
38,280円
ES-B10
(EPJP-B10)
ES-B10の商品画像
ES-B10の商品画像 EPJP-B10 開き戸
暗証番号
25,080円
お問い合わせ・お見積りはカギ舎へ!

POINTEPIC電子錠で使用できる解錠の種類

EPIC電子錠の解錠方法は大きくわけて「スマートフォン」「暗証番号」「ICカード」「指紋認証」の4つがあります。EPICの電子錠は、4つの解錠方法がすべて搭載された機種や、1つもしくは2つが搭載されている機種もあり、ラインナップは豊富です。そのため、ライフスタイルや使用用途に合わせた電子錠をお選びいただけます。電子錠に別売りのリモコンを接続することで、遠隔でも解錠可能なタイプや、解錠機能を搭載しているインターフォンと接続すれば、来客の際に家の2階からも解錠ができる「無電圧a接点」が備わっているタイプもあります。

スマートフォンで簡単に扉の解錠ができるシステムのことを「スマートロック」と言います。お使いのスマートフォンに専用のアプリをダウンロードし、Bluetooth接続することで鍵の役割を果たします。アプリの画面には扉の状態が表示されており、解錠の場合は「UNLOCKED」、施錠の場合は「LOCKED」となっています。アプリを入れておくと、いつでも現在の扉の状態が反映されます。スマートフォンを扉に近づくだけで解錠可能な「スマートオープン」機能と、電子錠にタッチすると解錠する「マジックタッチ」機能があります。それにより両手が荷物でふさがっている場合や、小さい子どもを抱っこしているときでもスムーズに扉を解錠することができます。シェアオフィスの利用者に対しては、あらかじめアプリをダウンロードしてもらい、専用アプリで合鍵を発行することができます。管理者は現場に行かなくても利用者のみで解錠できるため、人件費の削減にも役立ちます。鍵を施錠・解錠する機能だけではなく、入退室履歴を確認する機能も搭載されており、暗証番号の設定もアプリから行えるなど、非常に便利な電子錠です。EPICの電子錠は、スマートフォンユーザーを10,000人まで登録できます。アプリを使用する際は会員登録を行います。アプリにEPICの電子錠を登録するには、アプリのメニューから「ドアロック登録」を選択し、電子錠の電池カバーをあけた場所にあるQR コードを読み込む、もしくは製品のシリアル番号を入力して登録をしてください。

「暗証番号」タイプの電子錠は、その名の通りあらかじめ指定した番号を入力して解錠を行います。EPIC電子錠の暗証番号は、4~12桁で設定が可能となっています。セキュリティ強化のために、ごまかし機能やいたずら防止機能を搭載している電子錠もあります。暗証番号の登録方法は、まず裏面の電池カバーをあけ、登録ボタンを押します。その後、現在指定されている暗証番号を入力したあとに「*」と「1」を入力します。お好きな番号を入力したら「*」を押して完了となります。実際に解錠できるか忘れずに行ってください。

鍵の紛失や暗証番号を忘れる心配のない、指1本で解錠できる「指紋認証」タイプもあります。EPICの電子錠で登録できる指紋は100指です。指の方向のずれや湿気・乾燥など、まわりの環境にも左右されず対応できる高い認証性能を持っています。指紋認証の登録方法は、電池カバーを開け登録ボタンを押してから暗証番号入力「*」「2」の順で入力します。次に指紋認証部に登録する指紋を3回軽く押し当てると、001から順番に管理番号が自動的に付与されます。追加したい指紋がある場合は、3回指紋を押し当てるところを繰り返してください。登録ボタンを押し、メロディが鳴ったら完了の合図ですが、必ず解錠テストを行ってください。指紋を個別で登録したい場合は「登録ボタン」「暗証番号」「*」「2」の順で入力します。指紋管理番号を自身で指定し「♯」を入力後、指紋認証部に登録する指紋を3回押し当てると、登録した指紋管理番号が表示されます。追加する場合は、管理番号の入力から作業を繰り返し行ってください。

「ICカード」タイプの電子錠は、カードに埋め込まれた磁気情報を読み込み、一致すれば扉が解錠する仕組みとなっています。カードをかざすだけで解錠できるので、スムーズに扉の施解錠を行えます。EPICのICカード式電子錠は、標準でカードが2枚、ICタグが2枚のほか、ICシールが2枚付属されているタイプがあります。FelicaやMifareにも対応しているため、1台の電子錠に複数のICカードを登録することが可能です。ICカードを紛失した場合でも、すぐに無効化して再発行ができます。ICカードの登録方法は、電池カバーを開けて登録ボタンを押し、暗証番号を入力します。その後「*」と「2」を入力し、ICカードセンサーに登録したいICカードを順番にかざしていきます。再度登録ボタンを押しメロディが鳴れば完了です。複数のICカードを登録したい場合は、[001]~[100]までのカード管理番号で管理していきます。登録ボタンを押したあと、暗証番号「*」「2」の順で入力したら、管理番号を指定し「♯」を押します。ICカードセンサーに登録したいものをかざします。追加したい場合は管理番号の入力から同じ手順を繰り返し行ってください。最後は登録ボタンを押しメロディが鳴れば完了です。

EPIC電子錠で使われている解錠の種類

EPIC電子錠を選ぶ5のポイント

EPICの電子錠は種類が豊富です。建物や扉のタイプ、価格帯、機能といった面から、EPICの電子錠を選ぶポイントをご紹介します。

1

建物のタイプで選ぶ

EPICの電子錠は、専用のドア厚調節ネジによって扉と確実に固定ができるようになっています。テープで固定するタイプの電子錠に比べ、耐久性に優れています。

一戸建てやマンションの個人玄関に取り付ける場合は、基本的にどのタイプの電子錠もおすすめです。暗証番号や指紋認証タイプであれば、物理的な鍵を持ち歩く必要がないため、鍵を紛失する心配がありません。操作を覚えれば、子どもや高齢者の方でも簡単に解錠できます。共働き世帯で子どもの帰宅を確認したい場合は、スマートロックタイプの電子錠がおすすめです。子どもが家に帰ったのか、遊びに出かけたのかなど、リアルタイムで通知してくれる機能を使えば、離れた場所からでも子どもの足取りを確認できるため安心です。

店舗、民泊宿泊施設にもEPICのスマートロック電子錠の導入を推奨します。専用のアプリ内で合鍵が発行できるため、鍵の受け渡しを行う手間が省けるのが魅力です。電子錠があれば複数で鍵をシェアできる、利用日や曜日の指定も行えるなど、対面でのやり取りなしで解錠の管理が可能です。

オフィスや介護施設には、入退室制限ができるICカードの電子錠が適しています。内側からの解錠にもICカードが必要となるため、介護施設では、認知症などの症状を持つ高齢者の外出を制限できます。万が一カードを失くした場合は、付属の非常キーを使用して解錠することができます。

屋内のロッカーやキャビネットで使用したい場合は、EPICの電子錠「EPJP-L200」「EPJP-L200C」が適しています。屋内用のため、防水加工はされていませんが、暗証番号に加えL200CのみUSBキーカードが付属されています。複数の人が1つのロッカーを共有して使用する公共施設、特定の人が一定期間1つのロッカーを使用する会員制施設などに導入されています。パブリックモードとプライベートモードに切り替えられるため、施設の使用用途に合わせた使い方が可能です。

2

扉のタイプで選ぶ

EPICの電子錠を導入しようとしている扉が、引き戸か開き戸かで電子錠の選び方が変わります。導入を検討している扉が開き戸の場合は、ほとんどの電子錠が適応しています。開き戸のハンドル部分が劣化してきて、買い替えを検討している場合はEPIC電子錠「ES-7000K」が最適です。既存のハンドルと取り換えが可能なため、ハンドルが新しくなるだけでなく電子錠を備えているので1度の交換で済みます。

開き戸タイプには、強化ガラス専用の電子錠の取り扱いもあります。引き戸であれば、暗証番号・指紋認証タイプの「POP scan HOOK3」、暗証番号・ICカード搭載の「TOUCH HOOK2」、スマートロック機能付きの「ES-F500D」などがあります。EPICの電子錠は多くの扉に後付けが可能なので、今取り付けられている扉のタイプを確認してから選ぶようにしてください。

3

解錠のタイプで選ぶ

日頃から荷物が多かったり、小さな子どもがいる家庭は、両手がふさがっていても解錠できるスマートロックの電子錠が最適です。不在時の身内の来客など、待たせないでスムーズに部屋へ通したいという場合にも、アプリ内で合鍵を発行して招き入れることができます。EPICのスマートロックが搭載された電子錠は「ES-F300D」「ES-F500D」「 ES-F500H」「ES-FF730G」「ES-F700G」があげられます。電子錠に搭載された便利な機能をスマートフォン1つでコントロールできるため、利便性の高い機種となっています。

「鍵を紛失しやすい」「鍵を持ち歩きたくない」といった場合は、暗証番号や指紋認証タイプの電子錠が適しています。鍵やスマートフォンを持ち歩かなくても、身体1つで解錠が出来る点が大きなメリットです。オートロック機能で閉め出された場合でも、暗証番号と指1本あれば解錠できるため安心です。暗証番号のみのEPIC電子錠は「ES-B10」や「N-TOUCH(エヌタッチ)」、暗証番号に加えて指紋認証がある電子錠は「POPscan HOOK3(ポップスキャンフック)」があります。

4

価格帯で選ぶ

電子錠を導入したいけど費用面が気になる場合は、シンプルな暗証番号のみの電子錠をおすすめします。1番手頃な電子錠は2万円台から販売されています。暗証番号のみとはいえ、非常に優れた機能を持ち合わせているので手軽に電子錠を導入したい方に最適です。

費用が高くても便利な電子錠が良い場合は、複数の解錠方法や便利機能が搭載された電子錠が適しています。スマートロック搭載の電子錠は4万円台からで、EPICの電子錠のなかでは高価ですが費用対効果も優れています。指紋認証やICカードが搭載されている電子錠は、3万円台から取り扱っています。価格だけでなく、建物に合っている解錠タイプなのか、必要な機能は備わっているかなど確認して選ぶことが大切です。

5

機能で選ぶ

EPICの電子錠には、非常キーが付属しているタイプがあります。電子錠は電池切れの際や、ICカード、スマートフォンを持たずに外出した際にオートロックによる閉め出しが発生する場合があります。賃貸マンションやアパートなど集合住宅起きた場合には、管理者が鍵業者への連絡や現場に向かうといった業務が発生しますが、非常キーがあれば、マンションに駐在している管理人によって扉を解錠することができます。賃貸管理している物件であれば、ほかの物件との差別化を図れるため、非常キーの搭載は電子錠を導入する際のポイントになります。

FeliCa®に対応したEPICの電子錠で、登録と解錠が可能な交通系ICカードは、現在17種類あります。(※2022年9月現在)登録可能なICカードは、Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、EX-IC、Edy、おサイフケータイ、nanaco、WAON、iD、QUICPayです。買い物やお出かけ時に必要なICカードを鍵代わりに使用できるのも大きなメリットです。

お問い合わせ・お見積りはカギ舎へ!