TEL:0120-69-0569
お問合せフォーム
MENU

防犯・トピックス

集合玄関インターホン・エントランスインターホンの交換・修理

マンションなどの集合住宅の多くには、集合玄関インターホンやエントランスインターホンを設置するのが一般的となっています。日常生活の身近な存在であるインターホンですが、インターホンの種類をはじめ修理や交換の方法など、知らないことが多いという方もいるのではないでしょうか。そこで集合玄関インターホンやエントランスインターホンの種類やよくあるトラブル、インターホンは修理と交換どちらが安いのか、トラブルが生じた際にはどこに修理や交換を依頼すればよいのかなどについて詳しく紹介していきます。

 

◎集合玄関インターホンやエントランスインターホンの種類と機能

ドアホンは、集合玄関インターホンやエントランスインターホン中でもチャイムと通話だけができるインターホンとなっており、来客が誰なのかを声でしっかり確認してから開錠することができます。機能がシンプルなので比較的安い価格で購入できるのがメリットです。ドアホンにテレビ機能がついた集合玄関インターホンやエントランスインターホンは、テレビモニター付きインターホン、通称テレビドアホンと言われています。集合玄関インターホン・エントランスインターホンの子機には小型カメラが内蔵されていて室内の親機のモニターと連動しており、動画や静止画の録画が可能となっています。なかには内蔵メモリやSDカードにその画像を保存できるタイプの集合玄関インターホンやエントランスインターホンがあります。モニターにはカラーとモノクロタイプがありますが、現在の集合玄関インターホンやエントランスインターホンはカラータイプが主流となっており、LEDライトが点灯する集合玄関インターホンやエントランスインターホンもあります。スマホと連動させることで外出先からでも集合玄関インターホンやエントランスインターホンを利用できるインターホンは、仕事などで家を開ける機会が多い家庭に向いています。コードレスドアホンとも呼ばれるワイヤレスドアホンは持ち運びができるため、その利便性から近年多く普及している集合玄関インターホン・エントランスインターホンです。従来のインターホンは、来訪者に応対するために親機がある場所まで移動しなければなりませんでしたが、ワイヤレスタイプであれば料理中や育児に忙しくなどなかなか手が離せない時でも、どこにいても対応することが可能です。


◎集合玄関インターホン・エントランスインターホンの工事

インターホンには形式や種類によって配線などの工事が必要な場合と、工事不要で使用できる集合玄関インターホンやエントランスインターホンがあります。電池式の集合玄関インターホン・エントランスインターホンは、チャイムと通話が可能です。電池だけで使用できるため電源を確保する必要もなく、どこでも簡単に設置できるのが長所であると言えるでしょう。定期的に電池交換をする必要はあるものの、電池を交換するだけであればトータル的にかかる費用はさほど高くはないでしょう。電源コード式の集合玄関インターホンやエントランスインターホンは、コンセントにプラグを差すことにより親機から子機へ電力を供給します。ワイヤレスタイプの集合玄関インターホン・エントランスインターホンであれば、親機をコンセントに接続し子機は電池式で稼働させることが可能となっています。電源コード式の集合玄関インターホン・エントランスインターホンは、一度接続すれは電池交換の必要がなく、トラブルが生じなければ安定して電力を供給できるのが大きな特徴でしょう。ただし、集合玄関インターホンやエントランスインターホンはトラブルを避けるために親機を設置する場所が限られているため、配線的に設置が可能かどうか事前にチェックする必要があります。電源直結式の集合玄関インターホン・エントランスインターホンは、電気工事により壁の中に電源線を配線し、本体に接続して設置する必要があります。設置には電気工事技師の資格が必要となるため専門業者に依頼しなければなりません。機種によっては、エントランスインターホンを電源コード式のものからコードを取り外し電源直結式に交換できる種類もあります。電池式や電源コード式の集合玄関インターホンやエントランスインターホンに比べて設置するまでに時間や費用がかかりますが、安全面などの理由から、外に電源コードが出ていることにより起こるトラブルが気になるという方は電源直結式を選ぶと良いでしょう。このように電池式や電源コード式の集合玄関インターホンやエントランスインターホンは工事が不要なため、比較的安い価格で設置することが可能ですが、電源直結式の集合玄関インターホンやエントランスインターホンは工事が必要となるため、先の2つに比べると費用がかかります。

 

○インターホンの代表的なメーカー

ところで集合玄関インターホンやエントランスインターホンを取り扱っている主なメーカーは日本にどのくらいあるかご存知でしょうか?日本には、主にふたつの代表的な集合玄関インターホン・エントランスインターホンのメーカーが存在しています。1918年に創業した日本を代表する総合家電メーカーであるパナソニックは、エントランスインターホンの他にも冷蔵庫やエアコン、テレビなど数多くの家電を取り扱っています。集合玄関インターホンやエントランスインターホンの分野においても高いシェアを誇っており、商品の種類が多いだけでなく価格帯が広く、高価なものから比較的安い手頃な商品まで幅広く取り扱えているため、それぞれの予算に応じて選ぶことができます。一方1948年に設立されたアイホン株式会社は、戸建てやマンションなどの集合住宅向けの集合玄関インターホンやエントランスインターホン、オフィスや工場向け各種通話機器、病院などのナースコールなど幅広く事業展開している集合玄関インターホン、エントランスインターホンの製造販売メーカーです。戸建て住宅やマンションなどの集合住宅の集合玄関インターホンやエントランスインターホン、オフィスや学校のセキュリティシステムのメンテナンスも行っており、集合玄関インターホン・エントランスインターホンの分野ではパナソニックと並んで日本を代表するメーカーとなっています。手頃な価格の商品もあるため、初めてインターホンを設置する方におすすめです。商品に関する相談や修理や交換の依頼を受ける相談センターもあるため、万が一トラブルが起こった際にも安心です。このように日本には有名なインターホンメーカーがありますが、そもそもなぜマンションなどには集合玄関インターホンやエントランスインターホンが必要なのでしょうか。

 

◎集合玄関インターホン・エントランスインターホンの必要性

集合玄関インターホンやエントランスインターホンの購入や設置にかかる費用は決して安いわけではありません。またトラブル時による修理や交換代金も安いとは言えないため、コスト面など考慮すると集合玄関インターホンやエントランスインターホンは必要ないのではないかと考えている方もいるかもしれません。集合玄関インターホンやエントランスインターホンを設置することは、窃盗などのトラブルを防ぎ防犯面の強化につながります。空き巣などが侵入先の留守を確認するために最も多く使われる手口が、宅配業者などを装い集合住宅インターホンやエントランスインターホンを鳴らす方法であると言われています。そんな時テレビモニター付きのエントランスインターホンを設置しておけば、室内にいて安全を確保しつつ、不審者を確認して侵入などのトラブルを未然に防ぐことが可能です。また勧誘やセールスへのトラブル対策としても大変有効な手段です。カメラ付きの集合玄関インターホンで訪問者の姿を確認することができれば、すぐにセールスであるかどうか見分けることができますし、集合玄関インターホン越しであれば直接会う場合より勧誘を断りやすく、トラブルが生じにくいというメリットがあります。さらにもしストーカー被害に遭うなどのトラブルに遭ったとしても、集合玄関インターホンがあれば万が一にもマンションに無断で侵入されるトラブルが生じる心配もないため、かかる費用はむしろ安いとも言えるでしょう。しかし集合玄関インターホンやエントランスインターホンは使う頻度も多いため、長く期間使い続けているとさまざまなトラブルに見舞われることがあるため注意する必要があります。

 

◎インターホンのトラブル

インターホンに故障が見られる場合、本当にトラブルが生じて不具合が起こっているのか、正しく見極めることが大切です。電池式の集合玄関インターホンやエントランスインターホンの場合、単に親機の電池が切れているだけで電池交換を行えば元通りになる可能性もあり、電源式の場合はコンセントがプラグにきちんとささっていないだけでトラブルが起こっていると勘違いしている場合もあります。もし電池が消耗しただけであればかかる費用は電池代だけと安いですし、コンセントは差し直せばトラブルは解決します。またエントランスチャイムやマイクの音量が気づかないうちに変わっていて、聞こえなかっただけだという可能性もあるため、このような初歩的なトラブルが起きていないか自分で確認してみることが大切です。きちんと確認してみてもやはり不具合がありトラブルに見舞われている場合には、エントランスインターホンに何らかの原因により故障している恐れがあるため専門業者に修理や交換を依頼する必要があります。集合玄関インターホンのマイクやスピーカーにトラブルが起こると、音声が聞こえづらくなったりあるいは全く聞こえなくなります。集合玄関インターホンが鳴ったにも関わらず親機から来訪者の声が聞こえず通話ができない、または室内の親機の声が子機で聞き取れないというトラブルの場合は、親機や子機のマイクやスピーカーにトラブルが起きていることが考えられます。音声は聞こえるのにノイズが混じってしまうというトラブルの場合には、地中に埋められているエントランスインターホンの配線が電気線と触れてしまっているなどのトラブルが生じている可能性があります。そのまま放置しておくと、さらにトラブルが悪化してしまう場合があるため迅速に修理や交換を依頼してトラブルを解決した方がよいでしょう。スピーカーからキーンなどというハウリングと呼ばれている甲高い音が聞こえてくるというトラブルがある場合には、集合玄関インターホンやインターホンの子機が設置されている場合が原因でトラブルが起こっていることが考えられます。トラブルの中でも集合玄関インターホンの画面に画像が映らなくなってしまった場合には、配線トラブルが考えられます。防水性の高い高性能能の集合玄関インターホンやエントランスインターホンでも、マンションの集合玄関に雨が吹き込むと集合玄関インターホンのボタンの隙間やマイクの水が浸入して、故障やインターホンの劣化を早めるトラブルに発展するケースもあります。また直射日光に当たりやすい場所にあると、やはり劣化が早まりトラブルの引き金となります。

 

◎集合玄関インターホン・エントランスインターホンの修理や交換

集合玄関インターホンやエントランスインターホンの寿命はだいたい1015年ほどであるとされており、その場合の故障トラブルは経年劣化であるため修理よりも交換する必要があると言えるでしょう。一方集合玄関インターホンやエントランスインターホンを設置してから数年しか経過していないにもかかわらず、故障などのトラブルに見舞われた場合でもやはり集合玄関インターホン・エントランスインターホンの修理または交換が必要であると考えられます。集合玄関インターホンやエントランスインターホンは、マンションなどに住んでいる場合トラブルが生じても費用が安い業者を見つけたからといって、個人で勝手に修理や交換を行うことはできません。まずはマンションの管理会社や大家さんへ連絡しましょう。修理や交換にかかる費用は決して安いとは言えませんが、ほとんどの場合は管理会社が費用を負担してくれるため心配ないことが多いです。集合玄関インターホン・エントランスインターホンとオートロック設備のあるマンションなどにおいては、自動火災報知設備などとインターホンが連動しているため、全ての部屋のインターホンを一斉に修理・交換する必要があります。個人で自宅に取り付けられた集合玄関インターホンのみを修理・交換しても、他の機器と連携を取ることができなければ正常に作動しなくなりさらに事態を悪化させ、追加工事を依頼しなければならない可能性もあるので注意しましょう。ただし集合玄関インターホンやエントランスインターホンがついていてもオートロックが付いていないマンションの場合は、戸建て住宅と同様に個人で交換することが可能となっています。しかしこの場合も事前にマンションの管理会社などに交換する旨を伝えておく必要があります。かかる費用が高いか安いかは、集合玄関インターホンやエントランスインターホンの形式により異なります。電池式か電源コード式であれば個人で安い業者に修理や交換することが可能ですが、電源直結式タイプの場合は電気工事士という資格がなければ行うことができないため、専門業者に交換や修理を依頼しましょう。

 

◎インターホンの修理や交換費用

修理を選択するかインターホン本体を交換するかにより、かかる費用は当然異なります。マンションなどの集合玄関インターホンやエントランスインターホンの交換にかかる費用は、一戸あたりカメラ付き約10万円~15万円、カメラなし7万円~10万円程度です。部品の一部が故障したという場合は、部品を交換するだけで修理が済むため比較的安い費用で直すことが可能ですが、部品の交換だけでは対応できない場合や、この機会に集合玄関インターホンやエントランスインターホンを新しい商品に交換したいという場合は、インターホン本体そのものを交換する必要があります。集合玄関インターホンやエントランスインターホンの設置場所や不具合の状態によっては配線を伴う工事を行う必要となるため、さらに費用がかかります。また電池式や電源式のものではなく新たに電源直結式の集合玄関インターホンやエントランスインターホンを設置する場合も、電気工事が必要となりますし、業者によっては、作業料金にプラスして現場に向かうための出張費がかかる可能性もあります。このように集合玄関インターホンやエントランスインターホンにかかる費用は、修理の場合は部品代と作業費用と出張費、インターホンを交換する場合はインターホン本体の値段と業者の作業費用、出張費などとなっています。交換は新しいインターホンを購入しなければならないため、修理のみに比べて費用が安いとは言えませんが、集合玄関インターホンやエントランスインターホンは毎日生活の中で使用するものであるため、長い目でみれば修理より交換した方がむしろ安いとも言えるでしょう。ではどこに依頼すれば費用が安く済むのでしょうか。

 

◎どこがいい?インターホンの修理や交換の依頼先

トラブル解消のために修理や交換を依頼したいと考えても、メーカー側に修理を依頼すればいいのか、また鍵や電気工事を扱う専門業者に修理を頼めば良いのか迷う方も多いでしょう。集合玄関インターホンを製造、販売しているメーカー側に修理や交換を依頼すると、各メーカーはさらに委託業者に集合玄関インターホンやエントランスインターホンの修理や交換を依頼するため、商品代金や作業費、出張費用の他に仲介料手数料が発生してしまい、安いインターホンを購入しても修理や交換に費用が思った以上にかかってしまうことがあります。一方で鍵の専門業者などに修理を依頼した場合は、インターホン本体を含めた修理な作業代や出張費などかかる費用がホームページに全て明確に記載されていることが多く費用も安いため安心です。また集合玄関インターホンやエントランスインターホンを扱うメーカーは土日祝日が休みであることが多いのに対して、鍵の業者の多くは休日でも集合玄関インターホンやエントランスインターホンの修理などトラブルに対応してくれるため、さまざまな面を総合して考えてみると、修理や交換は業者に頼むのと安いだけではなく、迅速に対応してくれるという点でもおすすめです。

 

◎修理や交換の業者の選び方

集合玄関インターホンやエントランスインターホンに故障などのトラブルが生じた場合、できるだけ安い価格で修理や交換を行いたいという方も多いでしょう。ではインターホンの修理や交換を依頼する業者は、どのような基準で選べばいいのでしょうか。インターネットを使い業者を検索してみると、数多くの業者のホームページや修理に関しての口コミを見つけることができます。集合玄関インターホンやエントランスインターホンの修理や交換を行う業者のホームページを見つけたら、そこに記載されている修理内容をチェックすることで、かかる費用が高いのか安いのか、また集合玄関インターホンインターホンやエントランスインターホンのどんな修理や交換に対応してくれるのか知ることが可能です。また口コミには修理や交換にかかる費用の高いことや安いこと、業者の対応の仕方など良い点と悪い点のどちらも平等に書かれていることが多いため参考にするといいでしょう。できるだけ安い費用でエントランスインターホンの修理や交換を行いたいと考えるのであれば、前もって見積もりを提出してもらうことが大切です。トラブルの内容によって修理にかかる費用は異なるため、できれば無料で見積もりを出してくれる業者をいくつか探して、修理代が安いか高いか費用を比較してから集合玄関インターホンの修理や交換を依頼しましょう。業者により集合玄関インターホンやエントランスインターホンの修理や交換が終了した後でも保証期間を設けている所もあります。また無料もしくは安い価格で修理などのアフターフォローしてもらえる業者を選べばトラブル起きても安心です。電池式や電源式ではなく、電源直結式の集合玄関インターホンにトラブルが起こった場合には、配線工事を行う必要が生じるため電気工事士の資格者が在籍している業者に修理を依頼することが必須条件となります。電気工事士の資格者がいるかどうかはホームページに記載されているため修理や交換先を探す際に一緒に確認しておくといいでしょう。このように価格が安いか高いかだけにこだわるのではなく、修理や交換を確実かつ迅速に行ってくれる信頼できる業者を探すことが非常に重要です。

 

◎法外に安い料金を提示する業者には注意が必要

集合玄関インターホン、エントランスインターホンにトラブルが起こり業者に依頼する際、最も気をつけなければならないのが安いといううたい文句を信じて、悪質な業者に依頼してしまうことです。悪質な業者に依頼すると質の悪い作業によってさらなるトラブルになったり、法外な料金を請求されるケースもあるため注意が必要です。では、そのような業者への依頼を避けるためにはどういったところに気をつければ良いのでしょうか。インターホンのトラブルの修理や交換を始値依頼するという場合には、料金が安いことを重視する方も多いかもしれません。しかしただ安いからという理由だけで選んでしまうと悪質な業者に遭遇してしまう可能性が高くなります。ただし、料金が安いからといって全てが悪質な業者であるというわけではありません。大切なのはなぜ安いのか、その理由をしっかり見極めることであると言えます。料金が安いケースでも商品の価格や作業量などを考慮すれば適正な料金である可能性もあります。注意しなければいけないポイントは、作業内容に比較して料金が安い場合です。複数の業者に見積もりを取り、不自然に料金が安い業者があった場合は、悪質な業者の可能性があります。また業者によっては、見積もりでの料金は集合玄関インターホンの修理代や交換代が安いといっても、後から修理代にプラスして追加料金が発生するケースもあるため注意が必要です。このように一見安い料金を提示しておきながら、法外な修理や交換代金を請求するような悪質な業者も存在しており後々トラブルへと発展してしまう可能性もあるため、見積もりを出してもらった際に、安いか高いかという点でだけではなく修理の追加料金についてもしっかり確認しておくと安心です。

 

◎まとめ

集合玄関インターホンやエントランスインターホンには、テレビ付きのものやワイヤレスタイプなど手頃な安い価格のものから多機能のものまでさまざまな種類があります。防犯面においても必要であると言われているインターホンですが、マンション使用している集合玄関インターホンやエントランスインターホンは、トラブルを避けるために長くても約1015年で修理や交換が必要であると言われています。インターホンからの声が聞こえづらかったり、画面に何も写らなくなってしまったというトラブルが見られた場合には、専門業者に依頼して修理や交換するようにしましょう。集合玄関インターホンやエントランスインターホンの修理や交換を依頼する業者を探す場合は、安い価格で請け負う所を探すことも大切ですが、保証面やアフターフォロー体制が万全であるなど、信頼して修理を依頼できる所を探すことも大切です。カギ舎では集合玄関インターホンやエントランスインターホンの修理、交換などを行っています。できるだけスピーディーに、なおかつ予算に合わせてできるだけ安い費用で設置や修理を済ませたいという方は、集合玄関インターホンやエントランスインターホンの取り付けや故障による修理、交換などのトラブルについて24時間365日対応可能なカギ舎へご相談ください。


鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569
メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241
■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1
東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域