鍵開け

カギ交換、カギ紛失のカギ舎の料金表は、材料費・作業費・消費税を含んだ金額を表示しています。ご安心ください!

鍵開け・ロック解除・ダイヤル開錠け

鍵(カギ)を無くしてしまった!鍵(カギ)が壊れた!防犯性の高い鍵(カギ)に交換したい!

鍵をなくしてしまって家に入れないなどのトラブルはカギ舎株式会社にお任せ下さい!
玄関ドアノブ及び室内ドアノブ、トイレや浴室、または物置やスーツケースなど、あらゆる鍵の開錠に対応。 トラブル解決はカギ舎株式会社にお電話ください。
トラブルを未然に防ぐための、防犯対策もお任せ下さい。
また、マスターキーから合鍵の作成も行っております。

カギ舎 激安 image
家・建物ピッキング解錠 3,500円~5,500円 / 箇所
ハイセキュリティーシリンダー 5,500円~10,500円 / 箇所
家・玄関・扉の鍵開けに対応いたします

家・玄関・扉

玄関の鍵が回らない、ささらない、入らない、開けられない、閉まらない、抜けなくなった、壊れたという鍵のトラブル。カギ舎株式会社なら緊急事態にもすぐかけつけます。 家の鍵を紛失してしまい、玄関のドアが開けられない。鍵スタッフは常に数十種類の鍵を所持していますので、その場ですぐに対応が可能です。お困りの際は是非当社にお任せ下さい!熟練のスタッフが駆けつけます!

スーツケース・その他の鍵開けに対応いたします

スーツケース・その他

TSAロックや数字番号(ダイヤルのナンバー)を忘れてしまったり、合っているのに開かない! スーツケースの鍵開け、スーツケースの鍵が開かないというお困りや、空港やホテル、駅で海外から遊びにきた友人のスーツケース(トランク)の鍵がなくなっていて紛失した鍵をいますぐ開けたい! というトラブル、解決します! 鍵・ダイヤルロックをその場でお開けします。空港、ご自宅、ホテル、また移動途中の最寄り駅など、ご指定の場所までお伺いします。

激安2,500円~ カギ舎では鍵紛失対応の他に鍵交換も対応しております。

鍵の形状の違いによるお見積もり

カギ舎 激安 カギ舎は見積金額以上に頂きませんのでご確認ください。

鍵交換 鍵紛失 カギ舎の鍵の形式フローチャート

鍵の形状
ディンプルキー ギザギザキー
ディンプルキーの画像 ギザギザキーの画像
サムターン形状
A B C D
サムターン形状その1 サムターン形状その2 サムターン形状その3 サムターン形状その4

鍵開け対応場所

住宅の鍵 家 一戸建て マンション アパート 玄関 勝手口 裏口 門扉 トイレ扉
風呂・浴室扉 室内扉 窓 ガレージシャッター エントランス 共用扉
ベランダドア 引き出し鍵 和ダンス 郵便受け 会社・オフィス・店舗 建物
オフィスビル 事務所 店舗 ホテル 出入り口 自動ドア 倉庫 トイレ・お手洗い扉
仕切り扉 更衣室ドア 窓 シャッター 書庫 鍵付きロッカー 机・デスク
キャビネット 情報管理室 保管庫 自動販売機 配電盤 キーボックス
キーストッカー 鍵付きレターケース レジ
スーツケース スーツケース  キャリーケース アタッシュケース カバン 旅行かばん
ビジネスバッグ チェーンロック ワイヤーロック U字ロック 鍵付きロッカー
コインロッカー
他、鍵穴・テンキー・ダイヤルの鍵開けならお問い合わせください。
各種鍵の鍵開けに対応します。

鍵開け 料金表

出張費 0円~2,000円
作業メニュー 対象物 通常料金
鍵穴を壊さない鍵開け ピッキング 3,500円 ~5,500円
特殊工具開錠 5,500円 ~10,500円
破錠 鍵穴 5,500円~8,000円
鍵の交換   3,500円 ~
鍵の修理・調整・故障直し   3,500円 ~
鍵無作成   500円 ~
鍵の新規取付   2,500円 ~
その他   別途お見積り

鍵紛失

普段通り帰宅して、家に入ろうと思ったら、玄関の鍵が見当たらない! 買い物が終わって、駐車場に戻ったら、車の鍵がない! そんな経験はありませんか? 私たちは、余裕がない時やちょっとした油断の隙間に、鍵を紛失します。 鍵が見当たらない時は、まずは、一息ついて、落ち着きましょう。
冷静に身の回りを確認して、鍵を探しましょう。
広い場所を確保して、カバンの中身を全部出してみましょう。 内外のポケットや、奥底まで、しっかり調べてください。 コート、スーツの上着、ズボンなど、ポケットはすべて裏返してチェックしましょう。 車を運転する人は、いつも置く場所以外にも、運転席、助手席、 後部座席のシートの下や横の隙間、ダッシュボードやゴミ箱などに 落ちている可能性もありますから、念入りに探してみてください。 最後にいつ、どこで、何の目的で鍵を使ったか、記憶を辿り、思い当たるお店や交通機関があったら、早めに確認しましょう。 鍵が見つからない時は、警察に紛失届を出しましょう。
鍵を拾われて、第三者に使われてしまう危険性があります。 鍵と一緒に運転免許証や保険証を失くしている場合は、 いつ空き巣が入るかわかりません。身の安全を一番に考えて行動してください。

賃貸アパートの鍵を紛失した場合

・アパートやマンション等の賃貸物件での鍵を失くしてしまった場合は、まず大家さんに連絡をしてください。

大家さんに連絡が取れない時は、契約した時の不動産屋さんや管理会社に 一度問い合わせてみましょう。
・加入している火災保険によっては、鍵の解錠や鍵開けのサビースが 付帯されている場合もありますので、窓口に問い合わせてみましょう。
・どこにも連絡が取れない、どうしても家の中に入りたいのに困った… と言う場合は、鍵業者を呼んで開錠してもらうことになります。

アパートやマンション等の賃貸物件で鍵を紛失した場合、大前提としては、借主が責任を負うということになります。 契約内容やタイミングによっても大幅に異なってきますが、紛失した際の鍵の交換にかかる費用は借主が支払わなければなりません。 鍵業者によっては、開錠費用の他に、高額な出張費用や技術料を上乗せして 請求してくる業者もいます。 見積もりの段階で、かかる費用がわかるので、 高額な場合は他の業者と比較してみてください。

鍵専門の技術屋カギ舎にお任せください

カギ舎は、年中無休・24時間受付で、鍵のトラブルに速やかに対応します。 終電で帰ってきて、家に入ろうとしたら鍵がない!どこに連絡してもダメだった…。
そんな緊急時には、ぜひご連絡ください。 お見積もりは無料ですし、現場では熟練した作業員が丁寧に開錠し、必要であれば、その場で合鍵もお作りします。
また、鍵の在庫も豊富に取り揃えておりますので、ご要望に応じて、鍵交換も可能です。
施工後2年保証をお付けして、鍵交換は、激安の5,500円~承ります。
鍵のトラブルは、迅速・丁寧・安心・安価のカギ舎にお任せください。

URにおける鍵紛失などのカギトラブルについて

住まいにもいろいろな選択肢があります。民間の賃貸アパートや賃貸マンション、賃貸の一戸建てもあれば、分譲マンションや分譲の一戸建てもあります。
都営住宅や区営住宅、市営住宅といったものもあります。これだけでもかなりバリエーションが豊富なのですが、実はもうひとつ住まいにおける選択肢があります。それがURです。テレビコマーシャルなどで見聞きしたことのある方も多いでしょう。
住まいである以上、URにもさまざまな鍵がついていますし、それによる鍵紛失などのカギトラブルも起こってくるものです。ここでは、URにおける鍵紛失などのカギトラブルについてお話ししていきたいと思います。

・そもそもURとは?

まずは、そもそもURとは何なのかというところからお話ししていきたいと思います。URというのは、かつて公営団地と言われていたものです。公的な賃貸住宅で、全国各地にさまざまな賃貸住宅が用意されています。賃貸物件ですから、当然、大家さんとなる存在がいます。URにおける大家さんにあたるのが独立行政法人都市再生機構というところになります。UR都市機構と呼ばれているところです。実質的に、このUR都市機構が日本最大級の大家さんということになります。
基本的には中所得者から高所得者向けの住宅で、入居にあたっては条件があります。条件をクリアした方を対象に抽選をおこなっていたのですが、現在では先着順で入居できるようになっています。「UR=団地」というイメージがあるかと思いますが、実際にはさまざまな住まいを提供しています。高級マンションかと思ったら実はURだったなんてこともあります。そのため、URはかなり競争率が高いのです。

・URでの鍵紛失などのカギトラブルは自己責任に

URの場合、管轄の住宅管理センターというものがあります。鍵紛失を含めてカギトラブルの際には、おそらくほとんどの方がこちらに連絡を入れるかと思います。実際に、鍵紛失を含めてカギトラブルに関する問い合わせというのは多いそうなのですが、基本的に鍵紛失を含めてカギトラブルは自己責任になります。
例えば、鍵紛失の場合、管轄の住宅管理センターに連絡を入れれば、スペアキーを持ってきてくれるのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。確かにUR都市機構は国内で最大級の大家さんではあるものの、基本的にスペアキーを持ってきてくれるということはありません。というのも、URというのは全国各地に住宅があるのです。全国各地の鍵の管理というのは、さすがにできないでしょう。そのため、連絡を入れても基本的にはどう対処すべきかを教えてもらえるくらいで、カギトラブルのためにURが動いてくれるということはほとんどありません。つまり、URにおけるカギトラブルはすべて自己責任ということになってきます。

・鍵紛失を含めカギトラブルは鍵の専門業者に

URでのカギトラブルというのは、先でもお話ししましたように基本的に自己責任になります。そのため、鍵紛失を含めカギトラブルの際には鍵の専門業者を探して、依頼をすることになります。とりあえず家に入るために開錠してもらうという形でもOKですし、その場で鍵を交換するということも可能です。時間に余裕があるにしても、時間に余裕がないにしても、基本的には鍵の専門業者に依頼をすることになります。
URでのカギトラブルは自己責任と言われると不安に感じる方もいるでしょうが、逆にいえばURであれば自分の好きなタイミングで鍵の交換などもできるのです。古いタイプの鍵だから防犯面に優れた新しいものに交換するということもできます。実際に、URの住宅の中には相当古いものもありますので、そういったところでは古い鍵がそのままつかわれていることもあります。当社であればURでの鍵紛失を含めたカギトラブルにもスピーディーに対応することができます。URにお住まいの方は是非ご検討いただければと思います。

都営住宅における鍵紛失などのカギトラブルについて

今の時代、住まいの在り方も多様化しています。賃貸アパート、賃貸マンション、分譲マンション、賃貸一戸建て、分譲一戸建てといった選択肢がありますが、こういったものはそのほとんどが民間のものです。 実は、こういった民間の住まい以外にも都営住宅という選択肢もあります。 都営住宅であっても、住まいですから当然玄関がありますし、いろいろなところに鍵が使われているものです。つまり、鍵紛失などを含め、さまざまなカギトラブルが考えられるのです。 ここでは、都営住宅における鍵紛失などのカギトラブルについてお話ししていきたいと思います。

・そもそも都営住宅とは?

まずは、都営住宅について簡単に説明をしておきたいと思います。公共の住宅の中でも公営住宅法に基づいて所得の低い方を対象としているのが公営住宅です。 これについてはご存知の方も多いでしょう。この公営住宅の中でも都が管理しているものを都営住宅と呼ぶのです。一戸建てや分譲はなく、都営住宅のすべては賃貸の集合住宅になります。 ちなみに、区が管理していれば区営住宅、市が管理していれば市営住宅ということになります。 基本的に都営住宅というのは、家族または単身者の住宅になります。 つまり、お友達同士での入居や学生さんの一人暮らしでは利用することができません。単身者に関しても都内に3年以上居住している60歳以上の方など一定の条件に当てはまらないと対象者にはなりません。 母子家庭や父子家庭といったひとり親世帯や高齢者世帯、心身障害者世帯などの方を対象にしている優遇抽選やポイント方式による募集もあります。

・都営住宅でのカギトラブルは都の管理団体や組織に連絡を

都営住宅であっても鍵紛失などのカギトラブルが起こる可能性は、一般的な住宅と同じです。 もちろん、住んでいる本人の注意力などにもよります。基本的に都営住宅での鍵紛失を含めたカギトラブルに関しては、まず都の管理団体や組織に連絡を入れましょう。 おそらく、そこで鍵の専門業者を紹介されるか、「じゃあ鍵の専門業者をそちらで手配してくださいね~」といった対応をされるかになります。 鍵の専門業者を紹介される場合には自分で探す手間を省くことができますが、実際に来てもらわないとどのような感じかがわかりません。 一方で、自分で鍵の専門業者を手配するとなるといろいろと調べるのが大変かもしれません。ただ、カギトラブルに関してはスピーディーに対応できるところが望ましいです。
是非、当社にお声かけいただければと思います。

・基本的にカギトラブルも含めて玄関に関するものは居住者の負担に

都営住宅の場合、鍵紛失を含めたカギトラブルはもちろん、ドアの調整など玄関に関するものは居住者負担となるものが多いです。 基本的に都のほうでどうにかしてくれるということはないでしょうから、自分の生活の安全を確保するためにも早い段階で鍵の専門業者にご相談いただければと思います。 ただ、都営住宅で使われている鍵というのは、古いものが多いです。最新のテクノロジーが使われているような鍵というのはまずないでしょうから、カギトラブルに関してもスムーズに対応できるかと思います。 カギトラブルというのはそう頻繁に経験するものではありませんので、実際にカギトラブルに遭遇するとパニックになってしまうものです。 自宅に入れないと余計にパニックになってしまいますので、まずは自宅に入ることを考えて一旦落ち着くということも必要かもしれません。 ただ、ひとまず自宅に入るために開錠するにしても、鍵の交換をするにしても鍵の専門業者に依頼すれば、思っている以上に早く解決するものです。お困りの際には、是非当社にご相談いただければと思います。

鍵紛失 マンション

マンション暮らしの方は多いかと思います。マンション暮らしに慣れてしまって、マンション以外では落ち着かないという方もいるかもしれません。周りに人がいるという安心感が得られるマンション暮らしなのですが、やはり鍵の紛失というのはもっとも困るトラブルなのではないでしょうか。住人の多いマンションであればあるほど、他の住人にかける迷惑も大きくなってしまいます。ここでは、マンションの鍵を失くしたときの対処法についてお話ししていきたいと思います。

・まずは大家さんに連絡を

マンションの鍵を失くしてしまった場合、まずは大家さんに連絡を入れましょう。ただ、大家さんの連絡先を常に把握している方というのは少ないでしょうし、家に入らないとわからないという方も多いかと思います。仮に連絡先がわかっていても、やはり夜中などであれば対応できないこともありますし、あまり誠実でない大家さんであればまともに対応してくれないかもしれません。ただ、どちらにせよ鍵紛失についてはやはり大家さんに一言入れておくべきです。

・不動産会社や管理会社にも連絡を

鍵の紛失に関しては、やはり大家さんに一言入れておきたいのですが大家さんとの連絡が取れなければ意味はありません。連絡が取れないのでは、一言入れようがありません。大家さんと連絡が取れない、もしくは連絡が取れてもまともに対応してくれないという場合には、不動産会社や管理会社のほうに連絡を入れてみましょう。ただ、不動産会社や管理会社にも質というものがあります。まともに対応してくれないようなところもあるでしょうし、営業時間が終了していればそもそもやり取りすることもできないでしょう。

・一応自分でも捜索を

鍵を失くしてしまったのは自分ですから、やはり一応は自分でも捜索をしておきましょう。運がよければ、親切な方が届けていてくれるかもしれません。どの時点までは確実に鍵を持っていて、その日に自分が立ち寄ったのかということを思い出して、落としていそうなところに問い合わせをしていきましょう。警察への問い合わせと紛失届というのもしておきたいところです。

・火災保険に鍵の開錠サービスが含まれている可能性も

マンション入居にあたっての契約の際には、火災保険に入ることになるかと思います。実は、この火災保険に鍵の開錠サービスが含まれていることもあります。もちろん、どこの保険なのかによっても違ってくるのですが、専用ダイヤルで問い合わせをしてみる価値はあるでしょう。保険であれば時間帯に関係なく対応してくれる可能性があります。ただ、これはあくまでも火災保険に鍵の開錠サービスが含まれていればの話です。火災保険に鍵の開錠サービスが含まれていないのであれば、意味はありません。

・一番手っ取り早いのは専門業者

マンションの鍵を紛失したときに一番手っ取り早いのはやはり専門業者への依頼です。すぐにでも部屋に入らなければいけない場合には、専門業者に依頼して開錠してもらいましょう。専門業者に依頼するにあたっては、やはり費用が気になるところです。
当社であればリーズナブルな価格で、いつでもすぐに対応させていただきます。費用面がネックになっているという方でも、是非当社をご検討いただければと思います。

・管理組合や自治会への報告も忘れずに

ちなみに、マンションの鍵紛失の件は、管理組合や自治体に報告するのも忘れないようにしておきましょう。これは分譲マンションでも賃貸マンションでも同じです。鍵を失くしたことを報告するのは恥ずかしいかもしれませんが、これはマンション全体のセキュリティーに影響する問題です。管理組合や自治会への報告までして、一息つくようにしましょう。

鍵紛失アパート

アパートに住んでいるという方も多いのではないでしょうか。アパート暮らしというのもなかなかいいものです。ただ、アパート暮らしで一番困るといっても過言ではないのが、やはり鍵の紛失です。今は大丈夫でもいつ鍵を失くしてしまうかわかりませんので、今のうちに鍵を失くしたときの対処法を勉強しておきましょう!

 

・まずは大家さんに連絡を

アパートの鍵を紛失してしまったときには、まずは大家さんに連絡を入れるようにしましょう。ただ、鍵を失くしてすぐに大家さんに連絡が取れる方というのはかなり少ないかと思います。そもそも部屋の中に入らないと大家さんの連絡先がわからないという方もいますし、大家さんの連絡先がわかっていても大家さんと連絡が取れないこともあります。大家さんがすぐ近くに住んでいるというのが理想ですが、実際にはそうもいきません。仮に大家さんと連絡が取れても、残念ながらその大家さんが親切な対応をしてくれるとも限りません。

 

・大家さんがダメなら不動産会社や管理会社に

大家さんの連絡先がわからない、連絡先がわかっていても連絡が取れない、連絡が取れても大家さんが対応してくれない・・・こういう場合には、大家さんは諦めて今度は不動産会社や管理会社に連絡を入れてみましょう。ただ、これも大家さんのときと同じように連絡先がわからない、連絡先がわかっていても連絡が取れない、連絡が取れても対応してくれない・・・こういった可能性はあります。場所がわかっていて、直接行ける範囲で、まだ営業時間内ということであれば直接行けば何かしらの対応はしてくれるかもしれませんが、営業時間を過ぎていれば完全にアウトです。

 

・一応鍵の捜索も

大家さんも不動産会社も管理会社もダメということであれば、一応自分でも鍵の捜索をしておきましょう。どこまでは鍵を持っていたのか、そこからどこに立ち寄ったのかということを思い出して、思い当たるところに片っ端から電話をかけていきます。もし1日中で歩いていたということであれば、かなりのところに電話をかけることになるでしょうが仕方ありません。警察に届けられている可能性もありますので、警察への問い合わせもしておきましょう。紛失届を出しておくと、見つかったときに連絡をもらえます。

 

・アパートの鍵紛失をすぐに解決するなら専門業者のカギ舎に

大家さんへの連絡、不動産会社への連絡、管理会社への連絡、自力での捜索、警察への問い合わせ・・・どれもアパートの鍵紛失をすぐに解決してくれる方法ではありません。もちろん、親切に対応してくれたり、鍵が見つかったりすれば話は別ですが、その可能性はあまり高くないでしょう。アパートの鍵紛失を今すぐに解決したいということであれば、やはり専門業者に依頼することになります。ただ、専門業者もいろいろです。同じ依頼内容であっても本当に目玉が飛び出るような金額で対応しているところもありますし、一方で良心的な価格で対応しているところもあります。さすがに、鍵のためとは言え、目玉が飛び出るような高いお金は払いたくないというのが本音なのではないでしょうか。良心的な価格で今すぐに対応してくれる専門業者がやはり理想といえるでしょう。
当社であれば、その理想通りの対応ができるかと思います。アパートの鍵紛失でもすぐに駆けつけ、リーズナブルな価格で対応させていただきます。アパートの鍵を失くしたときの最終手段として、もしくはすぐに部屋に入るための効率的な手段として是非当社をご利用いただければと思います。

鍵を失くしたらどうすべき?鍵開けだけの対処で良い?

小さな物は、意外と失くしてしまいやすいもの。

失くしてしまう物でもさまざまですが、自転車の鍵、金庫の鍵、家の鍵、ガレージの鍵、車の鍵など。

鍵はとても大切なものなのに、意外と疎かに扱ってしまうもの。

鍵の大切さはわかっているのに、わかっていないという現実。鍵は毎日当たり前に使っているものなので、その重要さを忘れてしまいがちです。

しかし失くしてしまってから、かぎの紛失に慌てふためくことになってしまいます。

かぎを失くしたけど大丈夫って本当?

多くの人が「鍵を失くしても、合鍵があるから大丈夫。」と語ります。

しかし、何が大丈夫なのか?全く説得力のない言葉。もし鍵を失くして友人知人が「大丈夫!」と言ったとしても、そのアドバイス本当に受け入れていいのでしょうか。

いいえ。受け入れてはいけません。

鍵を失くして友人が泥棒を?

ある女性が鍵を失くしてしまい、どこで失くしたのか一向に見当もつかない。

でも、家の中であることに間違いはありません。悩んでいるところに、ちょうど訪ねてきた友人のAさん。鍵の紛失の件を相談しました。

「家の中で拾ったんでしょ。なら、そのうち出てくるわよ。」とアドバイスをもらった女性は、話を聞いてもらったことで少し気が楽になり「そうよね。」とポジティブ思考へと変わりました。

そして、家にあった合鍵を使うことにしたそうです。

結局鍵はそのまま見つかりませんでしたが、時が経過し彼女は鍵を失くしたことさえすっかり忘れてしまっていました。

約1年ほどが経過したある日、彼女は体調不良でパートを早退。家に帰ると、友人のAさんがなぜか家の中に。

驚いた彼女は、何が起きているのか見当もつかず、言葉も出てきませんでした。

「なぜ家の中にいるの?」そんな言葉を出すのがやっとでした。

しかしその瞬間かぎをなくしてしまったことが、ふと蘇ったのです。『そういえば、あの時かぎ失くしたんだっけ・・・。』

そして、友人Aさんがその鍵を玄関内部で拾っていたのです。

ご近所さんの上、年齢の近い子どもは仲良しだし、夫同士も交流がある、家族ぐるみで付き合いするほど仲が良かったのになぜ?

そして、置いてあった小銭や冷蔵庫に入れてあったお肉や缶詰、洗濯洗剤など「おかしいな~。確か買ったはずだったのに。」と、時々起こる不思議な出来事は、すべて友人Aさんの仕業だったと言います。

まさか友人が泥棒をするなんて。彼女は人間不信にまで陥ってしまいました。

鍵を紛失したら鍵交換は必須

鍵を失くしてしまったら、鍵の交換は絶対必須であると考えましょう。

友人Aさんは、彼女の家の玄関先で拾いましたが、これが他人であったとすればもっと危険性が高まります。

宅配業者だとどうでしょう。印鑑を取りに部屋へ入っている間に、落ちている鍵に気づき持って行かれてしまったとしたら?

鍵を拾ったからって、まさかそんなことしないだろうと考えてしまいがちですが、そういう人がいなければ世の中は何の事件も発生せず、平和になるでしょう。

当然、空き巣事件も発生しません。

彼女は友人に1年間もの間、家の中を物色され、日々何かを盗まれ続けていたのです。洗剤や食材など大した金額ではなくとも、200円相当のものを毎日盗まれていたとすれば、73,000円もの損失です。

果たしてたったそれだけで済んでいたでしょうか?もっと多くのものを盗まれていたかも知れません。日々パートへ行き頑張っていたのに、何日分働いた金額だったでしょうか。

他人であっても、このように空き巣に入っていることが見つからないように、物を盗み出す場合があります。

カメラがない、滅多に使うことがないブランド物のバックをどこに置いたかわからなくなった・・・など、鍵を失くした方でそういうことが頻繁に起きるようなら、もしかして誰かに鍵を拾われてしまっているかも知れません。

思い当たるようなら、すぐに鍵交換を行いましょう。

鍵紛失での鍵開けの確認事項

家の外で鍵を失くしてしまい、合鍵を持っていない場合は、鍵開けをしなければ家の中には入れません。

鍵開けを業者に依頼する場合、まずきっちりと確認した方が良い注意点があります。

  • ▼鍵開けと出張費用はいくらか?
  • ▼鍵を壊さず開けることができるか?
  • ▼壊れてしまう場合はあるか?
  • ▼鍵開けができなかったら、代金はどうなるか?
  • ▼追加料金が加算される場合があるか?

そして同時に鍵交換費用も確認し、できるだけ鍵の交換を行うようにしましょう。

家の中ではなく、外で落とした場合でも、落としたところをいつ誰が見ているかもわかりません。

カギ舎では、鍵開けは3,500円~、鍵交換は5,500円~と業界最安値でご提供しています。

出張費は、0円~2,000円のみ。製品代消費税作業料全て込みの見積もりを出させていただき、追加料金は一切かかりません。

空き巣被害と鍵交換費用、どちらの方が高額になるでしょう。

鍵を紛失されたら、すぐにカギ舎にご連絡下さいませ。

鍵を紛失されたら、どんなことでもすぐにカギ舎へご相談下さいませ。

鍵の紛失によるトラブル

日常的に使用しているカギのトラブルは、不意に訪れます。日頃気にかけることのないものに対し、トラブルが発生してしまうと、当然慌ててしまいます。家の玄関をはじめ、さまざまな場所で重要な役割を担っている鍵。日々の生活の中で必ずと言えるほど、関わっているカギはさまざまなトラブルが発生する原因となります。カギの紛失は、なぜか急いでいる時に限って起きてしまうもの。人は慌てていると冷静な判断ができなくなってしまいがち。そのため、いくらカギを探しても見つからないといった状況が起きてしまうことに。

カギをなくしたときの対処法

鍵をなくしてしまったとき大切なことは、ます落ち着くことです。 とりあえず、冷静になって考えられる箇所を全て探します。
  • ▼車内の隙間などに落ちていないか
  • ▼バックから落ちて、自転車のカゴに入っていないか
  • ▼バックの中で物の間に挟まっていないか
  • ▼持っている傘の内側に入ってしまっていないか

鍵を失くしたと思っていても、意外といつもと同じ場所に入っていたり、思いがけない場所で見つかる場合があります。 そしてどこを探しても鍵が見つからない場合は、順を追って行動を思い出してみましょう。< ul>
  • ▼帰宅途中、カギの入っているポケットを触らなかったか
  • ▼バックから何か取り出し、カギを落としてしまうような行動をしなかったか
  • ▼どの道を通って帰ってきたか
  • 財布やハンカチを出したタイミング、どこかへ座った時ポケットからすべり落ちてしまうような行動をとらなかったかなど、あらゆる可能性を思い出して来た道を引き返しながら探してみて下さい。

    カギをなくして家に入れない

    帰宅した時家の鍵を開けようと、ポケットやバックから探すけれど、どこを探しても見つからない。家に入れないから、家族に電話をしたり誰かの帰りを待たなくてはなりません。しかし、一人暮らしだとそういうわけにもいきません。管理人のいるアパートやマンションの場合は、ひとまず借りることができますが、深夜だと呼び鈴を鳴らすわけにもいかず途方に暮れる...。そんな場合は近所に家族や友人に、一晩泊めてもらうのも良いでしょう。実際に冷静になった後探して、鍵が車から見つかったという例もございます。どうしても鍵が見つからず早急に家に入る必要があったり、深夜の場合はすぐカギ舎へご連絡下さい。 東京都内、横浜市内、川崎市内最短15分で駆けつけ、対処させていただきます。

    店舗の鍵を失くして開店・閉店できない

    鍵の紛失は、家だけに限ったことではありません。自動ドアやシャッターのカギを紛失してしまわれる場合もあります。店舗となると、開店時間に間に合わないと大変困ったことになってしまいますね。用事があり早く帰宅しなければならない場合もあるでしょう。過去、セールが始まる初日に鍵を失くしてしまい、開店できないといった方もいらっしゃいました。よく探してみても見つからない緊急の場合、カギ舎ではできる限り迅速に伺わせていただきます。

    ガレージのシャッターのカギをなくした

    帰宅したはいいが、ガレージのシャッターの鍵をなくしてしまい、車を入れられず困ってしまう場合もあります。 とりあえず家の前に停めておけばいいかと思い家に入り、翌日駐禁のシールが貼られており罰金1,8000円に、点数まで取られることに。結局ガレージのカギは見つからず、鍵開け鍵交換費用に加算して、余分なお金がかかってしまい、後悔先に立たずという状態。お客様は苦笑いをされていらっしゃいました。

    自動販売機のカギをなくした

    < p>自動販売機のカギを紛失されて困っている、カギを開けられないかというご相談をいただいたこともあります。今や当たり前のようにありなくてはならない自動販売機にもカギがついています。自動販売機は盗難される危険性が高いため大変防犯性の高いディンプルキーがつけられています。この方はカギの交換は希望されていなかったので、すぐさまカギ開けで対処させていただきました。 カギ舎は高い技術を持った作業員ばかりなので、そんな防犯性の高いカギであっても、全く問題なく対処させていただきます。

    その他さまざまなカギの紛失

    玄関の鍵だけでなく、カギはあらゆる場所についています。アパート・マンションをはじめ、一戸建ての玄関・勝手口・裏口はもちろん、門扉のカギ、 トイレ浴室のカギ、机やスーツケースのカギ、ロッカーなど、いつカギのトラブルが起きてしまうかわかりません。 カギ舎はどのような場所のカギであっても、対応できる技術者の集まりです。 カギのことでわからない事は一切ないと言っても過言ではありません。

    鍵業者の正しい選び方

    緊急事態だからと言って、慌てて鍵屋に依頼してしまってはいけません。 鍵業者に依頼する場合、確認しておくべきポイントが3つあります。以下の3つを満たすかどうか確認して下さい。

    • 【1】金額をはっきり提示しているか
    • 【2】技術があるか
    • 【3】信頼できるか

    【1】金額をはっきり提示しているか

    鍵業者でもっとも大切なのは、金額をはっきり提示しているかどうかです。 悪質な鍵屋では金額を提示せず、見積もりを出さないまま勝手に作業をはじめてしまい、大変高額な料金を請求してくる場合があります。一般の方は鍵について詳しくないため、それをいいことにわけのわからない専門用語を並べ立てたり、追加でかかると請求してきます。いわゆる鍵業者を語った詐欺まがいの行為です。カギ舎では、ホームページへはっきりした価格提示していますし、お見積もりした金額の他に追加費用は一切かかりません。当然お見積もりをさせていただき、お客様から正式に依頼がないまま作業を開始することもございません。代金をはっきり提示していない鍵業者は疑ってもよいと言えるでしょう。さらにカギ舎は製品だけではなく、2年間の施工保証をおつけしております。鍵を取り付けてそのまま終わりというわけではありません。いい加減な鍵業者に依頼すれば、言われるまま請求額を支払ったものの、後で不具合が出てくる場合もあります。

    【2】技術があるか

    実は鍵屋になるために、国家試験や特別な資格などを要しません。ですから言ってみれば、ただの素人でもすぐに鍵屋を開業できてしまうのです。そんな鍵屋の技術はどうか? 当然大した技術を持ち合わせていないため、対処できない場合も出てきます。その時は迅速に対処できたものの、アフターサポートがなく困ってしまいカギ舎へご連絡いただくケースもあります。「そんな安いんですか?前はものすごく高かったのに。」と驚かれる場合もありますし、技術がないためカギ開けでも鍵穴を壊されてしまいます。カギ舎は、鍵だけに関わっている業者ではありません。建物の工事の段階から関わっているので、鍵だけでなくあらゆることにを熟知しております。玄関をはじめ店舗の入り口、シャッターなど、複雑な電気工事にも携わっていますので、わからないことはございません。どれだけきちんとした技術を持っているか、2つ目の大切なポイントです。

    【3】信頼できるか

    どんなものでも、信頼性は大切ですね。 大切なものを守っている鍵を、信頼性のない業者へ依頼しても良いでしょうか。 誰でも簡単に開業できてしまう鍵屋では、悪徳な詐欺まがいの鍵屋がいるとともに、鍵番号の管理をおろそかにしている鍵屋もございます。カギ舎では、お客様からご依頼いただいた鍵番号は一切残しておりません。また、警視庁杉並警察ビル防犯協会に所属している信用を第一にしている鍵屋です。防衛省や宮内庁をはじめ大使館、大手の老人ホームや大型ビルなど、あらゆる鍵工事を行なっております。どこの誰だかわからない上、全く技術のない鍵屋に、大切な鍵作業を依頼しても良いのか、考えなければいけませんね。

    鍵をなくしたときにすべきこと

     

    これまでに一度も鍵をなくしたことがないという方もいれば、何度となく鍵をなくしているという方もいることでしょう。ただ、これまでに一度も鍵をなくしたことがないという方でもこれから先で鍵をなくしてしまう可能性はあります。これまでに何度も鍵をなくしているという方であれば、これから先でも鍵をなくす可能性は大いにあるでしょう。ここでは、鍵をなくしたときにすべきことをご紹介していきたいと思います。

     

    まずは落ち着いて鍵を探すこと

    鍵をなくしたとき、大人の方というのはかなり焦るかと思います。小さなお子さんがのんきに「かぎなくしたー」と報告してきたら、親御さんも大慌てです。鍵をなくしたときに慌ててしまうのは仕方がないことではあるのですが、まずは落ち着きましょう。そして、鍵を探しましょう。
    というのも、眼鏡をかけている方が「眼鏡、眼鏡・・・」と眼鏡を探していることがよくあります。鍵も同じで、目の前にあったり、自分の手に持っていたりしながらも「鍵をなくした!」と大騒ぎしていることもあるのです。なくしたと思っているだけで、実は近くにあるというケースは少なくありません。慌てて業者に依頼したものの、業者が到着する直前に見つかってドタキャン・・・なんて可能性もありますので、まずは落ち着いて鍵を探してみることをおすすめします。

     

    見つからない場合には届け出と鍵の交換を

    なくした鍵が見つからない場合には、警察に届け出をしておきましょう。届け出をしておけば誰かが拾ってくれて鍵が戻ってくる可能性があります。ただ、鍵が戻ってきたからといって安心することはできません。というのも、その鍵が複製されている可能性もあります。「鍵ひとつじゃ場所を特定することなんてできない」と思われがちなのですが、実際には鍵から場所を特定しての空き巣というのも十分にあり得ます。
    だからこそ、鍵をなくしたときには鍵を交換することをおすすめします。「合鍵があるし、鍵の交換はお金がかかるし・・・」という方も多いのですが、合鍵を持っていても失くした鍵を入手した第三者によって侵入されてしまう可能性があるのです。鍵をなくしたからそのままで・・・というのは、防犯面ではかなり不安な状態です。
    なくした鍵のことをいつまでも気にしてしまうよりは、鍵の交換をしてなくした鍵のことも綺麗さっぱり忘れられるほうがいいのではないでしょうか。鍵の交換と同時に鍵のグレードアップもできますので、そうすれば防犯面でもより安心できるでしょう。

     

    鍵をなくすということは思っている以上に危険なこと!

    鍵をなくしたその瞬間というのは誰もが大慌てするものですが、しばらく経ってしまうと「合鍵もあるし、いっか!」と軽く考えてしまいがちです。ただ、鍵をなくすということは思っている以上に危険なことです。鍵の交換までするのは大袈裟なように感じられるかもしれませんが、防犯面を考えれば当然のことと言っても過言ではありません。
    鍵をなくしたことによって出入りできないという不都合だけではなく、空き巣被害のリスクを高めてしまうのですから、決して軽視はできないはずです。これまでに何度も鍵をなくした経験があるという方はもちろん、これまでに一度も鍵をなくしたことがないという方も改めて意識していただければと思います。小さなお子さんに鍵を持たせている方は、お子さんに鍵をなくさないようにしっかりとお伝えいただければと思います。

     

    当社では、鍵をなくしたときの鍵交換はもちろん、鍵の開錠などにも対応しています。鍵のトラブルというのは今すぐにでも解決してほしいというものがほとんどです。スピーディーな対応をさせていただきますので、鍵のことでお困りの際には是非ご相談ください。

    お客様一番!カギ舎のカギ紛失による対処

    カギ舎ではカギの紛失による対処はお客様のご希望はもちろん、状況に応じて安全性を考慮しております。もっとも重要視する点は、お客様の安全性と安価で済むようなご提案をさせていただいております。 悪質な鍵業者では利益だけを考え、高価な鍵を無理やり売りつけたり、言葉巧みに嘘を言います。信頼できる業者かどうかが大切となってくるのです。

    カギ開けをする

    他に合鍵を持っていたり、カギ開けだけがしたいというご希望の場合は、カギを壊さないカギ開けを行います。 実は、カギ開けでカギを壊されてしまうのはよくある話です。それは、鍵や鍵穴、錠前に対する基礎知識が欠如していたり、経験や技術がないためです。カギ舎では、開けられないカギはほぼございません。過去テストのため、美和社社製PRキーやKABA NEOと言った大変防犯性に長けたディンプルキーまで開けてしまったという事例もあるほどです。 カギ舎の鍵開けは鍵を壊さず行うため、鍵開け後もそのままカギを使用できます。しかし鍵を壊すカギ開けをされると、交換代金がかかってしまうケースも、ごく頻繁にある出来事です。 さらにはカギ開けをしたが、カギが開けられないだけではなくカギを壊され、再依頼のご相談をいただいたケースもあります。れでも代金は請求されるし、鍵開けの代金は2倍、鍵交換までしなくてはならなくなった。 初めからカギ舎へご相談いただいていれば、ただ鍵開けだけの金額で済んでいました。業者選びは非常に大切です。 ほとんどないケースではありますが、万が一カギを開けられない場合には代金はいただいておりません。鍵を壊さなければいけない場合でも、まず確認させていただいておりますので、安心して下さい。

    合鍵を作って対応する

    合鍵が一つもない・でもカギ交換は不要である。こういった場合にカギ舎が対処させていただくのは、合鍵作成です。 本来は、カギをなくすとカギ交換が望ましい事ではあります。しかしどうしてもカギ交換を行いたくないし、合鍵が1本もない場合は、その場で鍵穴を使って合鍵を作成させていただきます。 過去、鍵穴にご自分でセメントを詰め込み、合鍵作成しようとされた方がいらっしゃいましたが、鍵の故障の原因となってしまいます。決してご自分で行わない方が良いでしょう。 鍵穴から精度の高いカギを作成するのも、技術を持ち合わせているからです。家の鍵だけでなく、ロッカーのカギや金庫のカギなども承っております。 ただしできるだけ、カギ交換を強くおすすめいたします。

    鍵を交換する

    もっとも良い対策は、やはり鍵を交換することです。鍵の紛失を軽く考える方がいますが、本来は重く捉えなくてはいけない重大な事件です。 家の中に侵入されてしまえば、カギ交換費用の何倍・何十倍もの損害を被ってしまいます。後でどれだけ後悔しても、もう元には戻せません。カギ紛失に対して、きちんとした正しい対策をすべきなのです。 カギの交換と言えば高額だと考えがちですが、カギ舎でもっとも多い交換は、MIWA ロータリーディスクシリンダーU9・UR。5,500円と大変リーズナブルな価格でのご提供をさせていただいております。 材料はもちろん作業料も込み、2年間の施工保証もおつけしての価格です。エリアによっては0円〜2,000円の出張費をいただいておりますが、夜間の追加費用はございません。24時間同じ金額でのご提供でございます。 カギの紛失では、夜間に起きるケースがよくあります。ほとんどのカギ業舎では夜間費用が加算されます。カギが最安値なだけではなく、そういった面でも大変お財布に優しいサービスをご提供させていただいております。

    鍵紛失による対処は迅速に!

    鍵を失くしてどうしようと考えていても、らちがあきません。1日経過しても鍵が見つからないようなら、即座にカギ舎へご相談下さい。 上述したようにいくつかの対処法がございますので、もっとも良いご提案をさせていただきます。 カギ舎ではご連絡いただいてから、最短10分で駆けつけます。急いで鍵開けがしたい場合もご相談下さいませ。できる限り、迅速な対応を心がけております。

    物置の鍵の紛失トラブル 緊急時にはカギ舎にお任せ

    家の物置は大変便利なもの。当然鍵をつけて施錠しているでしょう。しかし家の鍵と違って、おろそかにしてしまいがちな物置の鍵。気にしたことはあるでしょうか?物置の鍵に不具合が発生してから、慌てる場合も多くあります。ふと気づいた時が、物置の防犯性について見直す良い機会です。またついそのまま忘れてしまえば、物置で盗難が発生してしまうかも知れません。(ヨド物置・イナバ物置・ヨドコウ物置・タクボ物置・ダイケン物置・タカヤマ物置・サンキン物置)

    物置の鍵が折れて大慌て

    どのご家庭でもある事ですが、普段物置はあまり開閉する機会が少ないケース。物置に置いているものを使う頻度は、家と比べて本当に少ないでしょう。あるご家庭の物置には、ゴルフセットや釣竿などを収納されていました。ご主人の趣味である道具ばかりが入っている物置なので、もちろん奥様はそこまで気にされていませんでした。仕事が忙しく、休日も疲れ果て出かける体力もなかったので、物置を開けることすらないまま半年以上が経過していたそうです。取引先とのゴルフの接待を上司から指示され、早朝嫌々ながら物置からゴルフセットを出そうとすると、物置の鍵が挿さりにくくて無理やり挿し込んだところ鍵が折れてしまいました。慌てて弊社へご連絡を下さり、鍵開けをさせていただきました。物置のシリンダー内部は腐食しており、交換をしなくてはいけない状態。鍵開けができなかったら、大切な接待に遅刻してしまうところだったと、肩を撫で降ろされていらっしゃいました。鍵は日頃使用していないと、使用しているよりも劣化しやすい場合もあります。雨ざらしになりやすい物置だからこそ、余計にほこりやゴミも溜まりやすくなります。打ちっ放し用のクラブを車のトランクに入れていたので、練習はそのクラブで行い、本場用のチェックはされていなかったとのこと。予期せぬ事も起きてしまうものです。

    物置に収納していたタイヤが盗難に

    先ほども申しましたように、物置は日頃気にすることも少ないので盗難に気がつかない場合も多くあります。車のタイヤを物置に収納されている方も多いかと思います。冬にはスタッドレスをはかせていても、物置に収納すれば夏の間はそのままにしておき気にかける事もありません。あるご家庭では、季節がきてタイヤ交換をしようと思い、物置を開けようとして鍵の異変に気がつかれました。物置の鍵はピッキングされており、中のタイヤがいつ盗難に遭ったのかもわからない状態でした。警察へ届けても、時遅し。そういった盗難は見つかるケースの方が少ないと言えるでしょう。タイヤの購入は大変な出費になってしまいますね。タイヤだけではなく、バイクや自転車、ストーブなど物置に収納しているもの全て盗られてしまう場合もあります。家とは違い、防犯性を考慮しない隙につけ込んだ盗難です。何度も繰り返し、盗難に遭っている場合は、簡単に窃盗ができる家としてマークされている可能性もあります。物置だけでなく、家の防犯についても見直しが必要です。

    トランクルームの鍵大丈夫ですか?

    マンションなど家に物置が置けない場合、トランクルームがありますね。トランクルームは屋内型や屋外コンテナ、倉庫型などさまざまな形態があります。万が一の場合、保険が付加されているトランクルームもあるので、借りる際には注意をしておいた方が良いですね。屋外コンテナの場合簡易的な南京錠やダイヤル錠である事も多く、その場合は防犯性はあまり効果をのぞめません。簡易的な南京錠のピッキングなどいとも簡単に行われてしまいます。そういった場合も、貸主に規約を確認し、防犯性を考慮するにこしたことはないでしょう。

    物置の鍵トラブルお任せ下さい!

    カギ舎では、鍵のことなら何でもご相談いただけます。物置の鍵が挿さりにくい・折れた・回りにくい・抜けない・物置が開けられない・閉まらないなど、すぐにカギ舎へご連絡下さいませ。物置の鍵をなくされて、スペアキーがない場合でも鍵穴から鍵を作成いたします。物置の鍵開けも玄関のカギ同様、鍵を壊さない解錠を行いますが、万が一壊さなければいけない場合はきちんとお伝えしてから作業に入ります。その場合、キャンセル料や出張料などをいただくこともございません。鍵の事ならまずはカギ舎へお電話下さい。ラインでも承っております。東京都内、横浜市内、川崎市内最短15分で駆けつけます。

    鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

    0120-69-0569

    メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

    鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

    カギ舎株式会社

    ■本社
    〒166-0012
    東京都杉並区和田1-31-3
    TEL:03-6454-1241

    ■事業所
    杉並区和田1-25
    中野区本町6-31-2
    八王子市館町575-1

    東京商工会議所
    杉並警察ビル防犯協会所属

    鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

    鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、横浜市、川崎市全域対応

    【東京都】

    中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

    【神奈川県】

    横浜市 川崎市 全域