防犯・トピックス

激安業販価格|自動ドアの仕組みと自動ドアの鍵について

あらゆる店舗やオフィスで用いられている自動ドアですが、その仕組みを詳しくご存じという方は少ないのではないでしょうか。日常的に我々が目にしている自動扉はとても便利な存在ですが、ここではその仕組みや鍵についてお話したいと思います。
 
自動ドアの仕組みと利用シーン
目の前に立つだけで扉が開いてくれて、離れると閉まるという自動扉はさまざまなシーンで用いられています。人力で扉を開ける必要がないため非常に便利ですし、大型ガラスを使用することが多いためビジュアル面でも優れていると言えるでしょう。そのため、住宅で使用されることはほとんどなく、オフィスや店舗など商業関連の施設、建物で用いられることが普通です。
 
自動ドアを利用するメリットですが、重い荷物を持っている人でもそのまま建物内外へ出入りできるということが挙げられます。普通の扉の場合だと一度荷物を下に置いて扉を開き、また荷物を持って出入りしなくてはなりません。これは非常に手間ですし、合理的とは言えません。また、大きな扉になるとそれなりの力をいれないと開閉することはできませんからお年寄りや子供、女性だと扉を開けるにも一苦労です。自動扉ならオートマチックに開閉してくれますからそのようなことを気にすることもありません。
 
気になる仕組みですが、自動扉に設置されているセンサーが通行者に反応すると制御装置へ信号を送ります。その信号を受け取りドアエンジン、減速機などが作動してタイミングベルト、従動プーリーを動かすことでドアが開くのです。センサーは製品によって取り付け位置が異なりますが、だいたいの自動扉では上部に取り付けられています。センサーが反応する範囲なども製品によって大きく変わり、比較的手前から反応するものもあればかなり近づかないと反応しないこともあります。
 
自動扉を開閉させる駆動や制御装置のことを総称してドアオペレータと呼びます。専門用語となりますが、この装置にはコントローラーや従動プーリー、ストッパー、ベルトなども含まれます。また、メンテナンス用スイッチと呼ばれるスイッチが備わっていることも多く、これはメンテナンスを行うときにドアオペレータの電源を操作するものです。ほかにも起動センサーでは検知しにくいものを検知するための補助光電センサーが設置されていることも多いです。
 

鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569

メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241

■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1

東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域