防犯・トピックス

シャッターの鍵交換と防犯性能

シャッターには三和シャッター、文化シャッター、大和シャッター、日本シャッターのメーカーがあります。
シャッターはさまざまなシーンで用いられているシャッターですが、鍵が古くなってしまうといろいろと不便な思いをしてしまうことも少なくありません。そろそろカギを交換しようかと考えている方もおられるかもしれませんが、ここではシャッターの鍵を新しいものに交換することで得られる利便性や防犯性についてお話しますから、近々シャッターの鍵交換を検討しているという方はどうか参考にしてください。
 
鍵の不具合による不便さ
シャッターの鍵が不具合を発生させてしまうとさまざまな不便に直面することがあります。鍵が回らない、開錠できないとなるとシャッターを開けることもできませんから、この時点で非常に不便です。お店を開けることができない、車やバイクを出すことができないなどの被害を生じてしまいますし、店舗の場合だとその日の売上に影響してしまう可能性もあります。車やバイクが車庫から出せないとなると会社に遅刻してしまうかもしれませんし、それが原因で大切な打ち合わせなどに参加できないことも考えられます。
クライアントとの打ち合わせに遅れてしまい、結局契約が流れてしまったとなると嘆いても嘆ききれません。実際このようなことは起こり得ますから注意が必要です。シャッターの鍵が開かないとなるとこのようなことが本当に起きてしまいますし、誰にでもこのようなことが起きる可能性はあります。自分だけは大丈夫と思っていてもこのような事態に遭遇してしまう可能性はありますから注意してください。
では、古い鍵を交換することでどのような利便性があるのかというと、これまで以上にスムーズにカギを開けられるようになります。どうしても古くなったカギだと回しにくいこともありますし、サッと開けることができません。交換することによってそのようなストレスがなくなりますし、短時間でスムーズに開錠できるようになるでしょう。古いもので鍵穴内部に埃が溜まっていたり、錆が発生していたりすると開けるまで時間がかかったり、力を入れないと鍵が回らないこともあります。交換すればそのようなこともありません。
このように、シャッターのカギを交換することによってストレスフリーになるという利便性があります。今まで女性だとなかなかカギを開けられなかったというケースでも新しいものに交換することで簡単に開けられるようになりますし、誰でも手軽に開けられるようになるのはメリットです。
 

鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569

メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241

■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1

東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域