TEL:0120-69-0569
お問合せフォーム
MENU

防犯・トピックス

アイホン 交換

日常生活のなかで活躍しているアイホン株式会社のドアホンやインターホンですが、古いインターホンを使い続けるのは防犯面の低下や突然の故障などのリスクが多くなってくるので交換を考えた方が良いでしょう。家の日々の安全を守るため欠かせないのが防犯対策です。古いカギから新しいカギへ交換するピッキング対策や犯罪の抑止力がある防犯カメラなど、玄関周りの設備の強化を優先してしまいがちですが、インターホンにも犯罪の抑止力があることをご存じでしょうか。インターホンも防犯に役立つ立派な設備なので、インターホンの交換や大切さなどを踏まえてアイホン株式会社の商品について説明していきます。

◎アイホンとは

アイホンとは、アイホン株式会社の製品で、一般住宅や集合住宅・マンションなどのエントランスのインターホンやドアホンをはじめ、オフィスなどの通話機器や病院や福祉施設のナースコールの製造・販売もしています。アイホン株式会社は1948年創業の老舗メーカーで、愛知県名古屋市に本社を構え、世界的に活躍しており、アメリカのホワイトハウスにもアイホン株式会社の製品が使われています。設立当初は東海音響電気研究所という名前で、ラジオ・拡声器等の他に同時に通話ができる通話式インターホンの研究を行ったのがはじまりでした。アイホンの名前は、愛とインターホンのホンの組み合わせで、Apple社で販売されているiPhoneとも深い関係があり、AppleiPhoneの名称は、アイホンが先に商標登録していたため、AppleはアイホンのライセンスによってiPhoneの名前を使用しています。iPhoneの外箱の裏などには「アイホン株式会社の許諾を得て使用しています」と明記されている他にiPhoneの発音は、アイフォーンとすることで合意されています。

◎アイホンの製品

アイホンの製品は、生活におけるさまざまな場所に設置されています。日常の生活や仕事、医療・福祉の現場で導入されているアイホンの製品がどのような活躍しているのかをご紹介します。

〇小規模マンションやアパート

アイホンの製品で、小規模マンション・アパート向けに適しているインターホンシステムは、アイホンのPATMOα(パトモアルファ)が活躍しています。アイホンのPATMOα(パトモアルファ)は、最適な暮らしを守るセキュリティインターホンのコンセプトで設計されており、電気式の宅配ボックスが設置されている小型マンションやアパートなら荷物が届いたことを伝えてくれる機能や火災が発生した場合は音声で知らせてくれるので逃げ遅れなどがないように対策もできます。シンプルな設計で省施工を実現しエントランス部のパネルは、シルバーとブラックがあり建物に調和されるようにデザインされています。アイホンのPATMOα(パトモアルファ)は、エントランスと住戸で誰が来たのかを映像でダブルチェックが可能で、知らない人が共連れなどで侵入してきても玄関前でしっかり顔を確認でき、集合玄関機のカメラは左右画角が170゜のパノラマワイドになっているので、誰と一緒にいるかなど真横まで確認することが可能です。

〇大型総合住宅

アイホンのDASHWISM一体型は、自動火災報知設備とインターホン設備を一体にすることで配線も少なく、交換などの時の費用を省施工なので抑えることが出来るほか、アイホンのDASHWISM一体型は、スペースを多くとらずに設置することが出来ます。タッチパネルはカラー液晶で音声ガイダンスもついているので、誰でも簡単に使用できるように設計されているほか、管理室の親機を3台まで増設でき最大680戸までの監視が可能です。また、エントランスのインターホンは、操作禁止機能がついているのでいたずら防止などの対策もされています。万が一、火災が発生した場合は、火災発生住戸の部屋番号を各住戸にメッセージでお知らせする機能がついているので階別に対応が出来るようになっています。

〇戸健住宅

外出先などでも来客者の対応ができ、スマートフォンにも連動できる戸健住宅向けのWP-24シリーズがあります。アイホンのWP-24シリーズは、仕事中や外出中でも来客者の対応ができるほか、アイホンのWP-24シリーズが録画した映像をスマートフォンなどで好きな時に確認することができ、玄関の鍵の解錠・施錠もスマートフォンで行えます。子どもに鍵を持たせなくてもインターホンの録画機能で子どもの帰宅を確認して、スマートフォンから遠隔操作で解錠することが可能です。また、アイホンのWP-24シリーズは親機の画面が7型ワイドのモニターを採用しているので文字が見やすく操作も静電気式のタッチパネルになっているほか、連動できる宅配ボックスを設置する事で宅配ボックスが開くと、自動でモニター付きの親機が録画をはじめ、誰が利用したのか履歴を残すことが出来るので安心して荷物を取り出すことができます。次に戸健住宅で設置可能なアイホンのドアホンには、配線工事が必要のないタイプもあり簡単に取り付け交換ができるタイプのWR-11があります。アイホンのWR-11は配線工事が必要ないアイホンのワイヤレステレビドアホンで親機の取り付け方法が選べます。アイホンのWR-11は、玄関の子機は電池で稼働し親機はコンセントに差し込むタイプとなっており、既存のインターホンから簡単に交換が可能です。親機のモニターも4.3型なので説明文も見やすく、親機は壁の取り付けのほかに、卓上スタンドでカウンターやキッチンなどに設置することが可能です。

〇医療

アイホンの製品は医療の現場でも活躍しており、代表的な製品が医療向けのナースコールVi-nurse(ビーナス)です。アイホンのVi-nurse(ビーナス)は、「映像が見える、情報が見える」をコンセプトに作られており患者様の行き届いたケアや安心感を高める工夫で、療養生活をサポートしています。アイホンのVi-nurse(ビーナス)は、PCナースコールにボード型PC機能を付けたもので、卓上型PC親機にはない強みがあります。ボード型PC親機は、壁に固定する固定型でタッチパネル機能もついているため、スタッフステーションも立ったまま直感的な作業ができるので効率的です。また、しっかり固定して設置されいるので、地震が起きた際の転倒や落下のリスクも軽減されています。ボード型PC親機には、ホワイトボード機能もついているので、引継ぎの際に手書きで文字を残すことが可能です。患者様情報一覧機能や病棟のレイアウト表示機能まであるほか、デジタルマグネット機能などがあり、一目で「この患者は点滴を打っている」などの確認ができます。また、アイホンのVi-nurse(ビーナス)にアイホンのハンディナースシステムを連動させることによってより高度なサポートを可能にします。アイホンのハンディナースは、携帯電話型で看護師や医師が持ち歩き、患者がナースコールを押すと、アイホンのハンディナースに連絡が来る仕組みになっています。看護師がスタッフステーションにいない場合でも、アイホンのハンディナースで患者様と連絡が受けられるほか、ハンディナース間での連絡も取れ情報の共有など以外にも各ベッドへの呼び出しや一切放送を可能にしています。ハンディナースは携帯電話と似た機能もあるので同じチームの仲間の番号を登録する事もできるので、連絡を取りたい人にすぐ連絡ができ、ハンディナース間での連絡中にナースコールが入っても割り込み呼び出しで知らせてくれるので安心です。

〇福祉施設

福祉施設でもアイホンのVi-nurse(ビーナス)は活躍していますが、アイホンには高齢者向け集合住宅システムのFAGUS(ファガス)システムという製品もあります。アイホンのFAGUS(ファガス)システムは、アイホンのインターホンと連携して使用する緊急通報システムで、養護老人ホーム・ケア付きの高齢者住宅などに導入されており、入居者様やスタッフのサポートを24時間しています。アイホンのFAGUS(ファガス)システムの導入メリットは、安心の緊急通報サービスから業務の効率化・情報の一元管理など様々なメリットがあるほか、防犯・防災機能も兼ね備えたインターホン機能や生活の異変も部屋についているセンサーが察知しスタッフルームに通報してくれます。また、アイホンのFAGUS(ファガス)システムは、緊急時に入居者の玄関を強制解除して駆けつけることができるので、部屋のなかで動けなくなってしまい玄関を開けられなくても迅速な対応が可能です。トイレなどで倒れて動けなくなった場合でも、あらかじめ設定されている時間を超えてトイレを使用しているとセンサーが反応して知らせてくれます。アイホンのFAGUS(ファガス)システムは、日常のお知らせや緊急時の連絡などを一斉放送で呼びかけ・個別放送で安否確認のための放送もすることができます。ほかにもアイホンのFAGUS(ファガス)システムは、スタッフの業務負担を減らし入居者に行き届いたサポートを実現できるように施設内どこにいても対応できるPHSで入居者様の要望や緊急通報を受けることができるので、緊急時でもすぐに対応することができるので安心です。アイホンのFAGUS(ファガス)システムは、1台の親機で最大16台までのPHSに同時呼びかけできるので人手が必要の場合もすぐに招集することが可能です。また、エントランスからの呼びかけなどの対応もアイホンのFAGUS(ファガス)システムは、PHSで対応ができますので急な来客などの一時対応にも便利です。

〇商業施設・工場・オフィス

アイホンの製品は、商業施設・工場・オフィスなどでも活躍しており、「インターホンの概念を変える」をコンセプトに誕生したのがIPネットワーク対応のIXシリーズです。アイホンのIXシリーズは、使いやすさや導入のしやすさを追求しながら、インターホンの基本機能とは別に業務用途で求められる多彩な機能を搭載しています。ネットワーク上の接続台数は無制限なので小規模なオフィスから大規模な施設まで、幅広く対応でき、モニター付インターホン端末なら最大で9,998件までアドレス登録を実現します。アイホンのIXシリーズはサーバーが必要ないので制御ユニット・増設ユニットを必要とせず、LANケーブル1本なのでサーバーが故障した場合のシステムダウンのリスクも回避することが可能です。またアイホンのIXシリーズは、録画機能やネットワークカメラなど他社製品とも連携を可能にした画期的な製品の上に、アイホンのIXシリーズは出入り口が多い場所などの設置に向いているので、カメラ付きインターホンの設置が難しいと言われていた場所の設置もアイホンのIXシリーズで実現したことから、アイホンのインターホンを導入するようなった企業が数多くあります。カメラも高性能に進化し、顔認証にも対応しているので、カメラの映像解析などセキュリティの向上したい場合にもアイホンのIXシリーズは役立っています。

◎古いアイホンのトラブル

古いアイホンのインターホンを使用し続けるとさまざまなトラブルの原因にもつながってしまい、日常生活や仕事などでも支障が出てしまいます。また、古いアイホンを使用し続けるとどのようなトラブルが起きてしまうのかを確認していきます。戸健住宅の玄関前に設置してあるアイホンの古いインターホンによくあるトラブルは、呼び出し音がならないなどのトラブルが多く見られ、呼び出し音が鳴らないので宅配業者などが荷物を届けに来ても分からずに、再度来てもらわなくてはいけないなどの2度手間にもつながってしまいます。また、古いアイホンを使用し続けると、通話ができない、通話中に会話が途切れてしまうなど、通話相手を不快にしてしまうトラブルが起こる可能性もあります。マンションなどの集合住宅のエントランスに設置してあるアイホンの古い集合玄関機に起きるトラブルは、オートロックが解錠できないケースなどがあげられます。オートロックを解錠できなければマンションの住人はマンションのなかに入ることもできないため、管理会社の対応を待つことしかできず、立ち往生してしまいます。古いアイホンが設置されているエントランスでは、オートロックが解錠できない他に、パネルの変色で入力した暗証番号が良く見えない・マンションの住人を呼び出すことができないなどのトラブルもでてきます。

◎アイホンで防犯対策

古いアイホンから新しいアイホンに替えることで防犯性能が上がるので、悪質な犯罪から自分や家族の身の安全を守ることが出来ます。戸健住宅やマンション・アパートなどで多く見られる犯罪は侵入窃盗で、被害割合的にも高い傾向にあります。録画機能や通話機能のないアイホンのインターホンを使用されているのであれば、録画機能や通話機能のあるアイホンの新しいインターホンが有効です。相手の顔が見れたり、録画機能のあるアイホンのインターホンは、犯罪の抑止にもつながります。万が一侵入されたとしても録画機能で怪しい人をとらえることができ、そのまま証拠として提出する事が可能です。また、相手の顔が見れることで、知らない人からのインターホンでも、直接会話をしなくても済むので、見知らぬ来客の接触を防ぐことができます。結果的に自分自身や家族の命を守ることにつながるため防犯対策には有効な手段となっています。そのため、録画機能がついているアイホンの最新のインターホンにすることで、単身やファミリー世帯の生活はもちろんですが、シニア世帯の生活を守ることができます。現在は、少子高齢化が進み60歳以上のシニア世代のみの生活スタイルが増えてきています。持ち家を持たずに賃貸住宅、マンション生活のシニアの方も多く、入居の決め手に防犯性能が高い物件を基準に考えている方も多いので、集合住宅のオーナーは、新しいアイホンのインターホンに取り替えることで入居率も上がります。新しいアイホンのインターホンには、窓やベランダからの侵入が発生した時には教えてくれ、火災やガス漏れなどの緊急時にもアイホンのインターホンは入居者にわかるように知らせてくれます。また、新しいアイホンはモニターが大きいため、シニアの方でも視認しやすくなっており、シンプルで簡単な操作で操作手順もボタン点滅などで丁寧に教えてくれるので、誰でも安心して使用することができます。

◎アイホンの交換

アイホンは、設置してから戸健住宅は10年、マンションなどの集合住宅のアイホンのインターホンシステムは15年が交換の目安になっています。それ以上の年数がたっていると保守用の部品などが製造されなくなり修理ができなくなる恐れがあり、その場合は交換が必要になります。アイホンの交換は、通常のインターホンチャイムと特殊なインターホンの2つに分けられ、自分で交換できるインターホンと自分では交換ができない場合があります。専門業者に依頼しなくては交換できない特殊なインターホンは、電源直結式のインターホンで電線を直接差し込んでいるため、交換作業をする際は電気工事士の資格を持つ人間が必要になります。電源直結式インターホンの交換をする場合は、最低でも第二種を所有していなければ交換できないので、自分で交換すると交換時に感電死などの大きな事故にもなってしまいますので、必ず電気工事士の資格を持っている専門業者に交換の依頼をしてください。電源直結式インターホンの見分ける方法は、アイホンのインターホンの室内の親機を枠から外した時に、配線が4本以上あれば電源直結式のインターホンなので、4本以上ある場合は専門業者に交換の依頼をしてください。自分で交換できるアイホンのインターホンは、電源コードタイプやワイヤレスインターホンで、自分で交換してしまえば費用も安く済み業者を呼ぶ手間もないので、短時間での設置が可能ですが、デメリットもあるので心配でしたら専門業者に頼むのが安心です。自分で交換しようとすると、子機の交換がうまくできないと雑音が入ってしまうことや親機などの設置に失敗してしまい修理依頼などを呼ばなくてはいけなくなってしまい、費用が多くかさんでしまう場合があるので注意しましょう。アイホンのワイヤレスインターホンは、親機と子機の距離が遠かったりWi-Fiの近くや電子レンジの近くに子機があると映像の乱れや音声の乱れが出てしまう場合があるので、親機の置く場所は設置環境も考えて配置する必要があります。また、親機と子機の間に断熱材や建物のつくりが鉄筋や鉄骨の場合も映像や音声の乱れが発生する場合がありますので、構造面にも気を付ける必要があります。インターホンの交換は、繊細な作業も伴うので専門業者に交換の依頼をすると安心です。

◎アイホンの交換はカギ舎セキュスターズへ

アイホンのインターホンの交換は依頼する業者でも料金が変わってくるのはご存知でしょうか。メーカーに問い合わせアイホンの交換を依頼するのと、カギ舎セキュスターズにアイホンの交換を依頼するのでは金額が変わってきます。なぜメーカーとカギ舎セキュスターズでは、同じアイホンのインターホンの交換なのに金額が違うのか、カギ舎セキュスターズはなぜアイホンの交換が安くできるのかご説明していきます。

○メーカーにアイホンの交換を依頼した場合

アイホンの交換をメーカーに依頼した場合にメーカー自体は作業せず、メーカー→工事総代理店→工事代理店→施工業者の順に仕事が流れていき、工事総代理店・工事代理店の間でマージン(会社の利益)が発生してしまうのでメーカーにアイホンの交換依頼をすると費用が高くなる仕組みです。次に、メーカーに依頼した際にメーカーが仕事を依頼する工事総代理店・工事代理店について説明していきます。

 

〇総代理店・代理店にアイホンの交換を依頼した場合

総代理店は、いくつかの代理店をまとめる立場にある代理店で、傘下の代理店の売り上げの管理やセールス面での指導をするなどが総代理店の業務で、総代理店は、メーカー側から代理店開拓などの権限も有していますので、顧客営業意外にも代理店営業などの業務があります。総代理店の仕事は代理店と全く違い、代理店の仕事はメーカーからの販売代行をすることで、売り上げに対してのマージンが代理店に入る仕組みになっていますが、総代理店は商品販売の代行が主な業務ではなく、先ほども述べた傘下の売り上げの管理や代理店営業の他に顧客に対してのアフターフォローなどが総代理店の主な業務になっています。

○カギ舎セキュスターズに依頼した場合

アイホンの交換をカギ舎セキュスターズに依頼すると交換費用が安く抑えられます。なぜならカギ舎セキュスターズは施工業者という事もあり、総代理店・代理店を介せずに直接アイホンの交換などの依頼できるので、中間マージンなども一切かからず、激安の業販価格が売りなので、費用面でも安心して交換の依頼ができます。直接カギ舎セキュスターズにアイホンの交換のご依頼をいただければ、アイホンのどういったインターホンに交換を検討されているのか、現場の状況確認などの対応を速やかに取らせていただきます。お見積もりを出し金額に納得いただければ、安全のもと施工を実施させていただき、アイホンの動作確認がとれた確認をしていただいたら、代金をお支払いしていただきます。また、カギ舎セキュスターズは鍵関連の業務や扉回りの業務も得意としておりアイホンのインターホンの交換の際でも、鍵の劣化や防犯面での対策などの専門家です。アイホンのインターホンの交換以外でも防犯やカギに関するアドバイスをしています。

◎まとめ

アイホンの製品は、住まいを悪質な犯罪から日々の生活を守ってくれること以外でも、仕事や医療・福祉の現場でも役立っています。アイホンの製品は、環境や用途ごとに適した製品を使うことで性能を発揮するので、アイホンの製品を交換する際は、環境ごとに適したものに交換することをおすすめします。カギ舎セキュスターズでは、年中無休でアイホンのインターホンの交換のご依頼を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 


鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569
メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎セキュスターズ株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241
■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1
東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域