TEL:0120-69-0569
お問合せフォーム
MENU

防犯・トピックス

キーモバイルシステム「KEYMO」

◎キーモバイルシステムとは

スマートフォンを使って電気錠の施錠・解錠ができる「スマートロック」は今注目を集めているIoT機器の一つです。美和ロック株式会社のキーモバイルシステムも専用のFeliCaリーダにおサイフケータイ®機能を搭載したスマートフォンを近づけるだけで住戸玄関や共用エントランスの施解錠ができるスマートロックシステムです。キーモバイルシステムは私たちの生活の身近なツールであるスマートフォンやカードキーでカギの管理をまとめて行えるため、賃貸マンションやオフィス、商業施設など様々なシーンで目にする機会が増えてきました。

キーモバイルシステムで使うスマートフォンへのカギデータの取り込み方法は簡単で、KEYMO Android版アプリをダウンロードし美和ロック電気錠のカギデータが入っているIDキー(カード・キーヘッド・フィーチャーフォン)をスマートフォン背面のおサイフケータイ® ロゴマークに接触させるとデータの取り込みが開始されます。完了すればスマートフォンがカギとして使えるようになります。取り込み元がFeliCaカードキーの場合は事前にカギデータを取り込み可能(移動可能)状態しておけば移行することができます。キーモバイルシステムのKEYMOアプリはセキュリティ面も考慮されていて、スマートフォンをカギとして使用する際に暗証番号の入力が必要な「セキュリティモード」が搭載されています。もしスマートフォンの紛失や盗難にあってもセキュリティモードにしておけば不正に侵入しようとしても暗証番号が分からなければ電気錠は解錠できないようになっています。近年キーモバイルシステムが普及している理由はスマートフォンで簡単にカギ管理が出来るだけではありません。続いてキーモバイルシステムを設置する際のメリットについて説明していきます。

 

◎キーモバイルシステムのメリット

キーモバイルシステムはいつも持ち歩くスマートフォンで施解錠するカギシステムですが従来の鍵製品と比べて他にどんなメリットがあるでしょうか。キーモバイルシステムは便利な機能を搭載しているだけではなく設置にかかる施工費や工事期間についても購入者目線で考えられています。カギの取替えや交換を考えた時に電気錠の取り付け工事や電気・配線工事にはそれなりの費用と工期がかかってしまう場合があり交換が難しいと感じることもありますが、キーモバイルシステム対象製品には煩わしい電気・配線工事費用がかからずドアに簡単取り付けが出来るタイプもあるので大幅なコストカットをすることができます。キーモバイルシステムに対応しているリーダも様々なので、自宅やオフィスシーンでキーモバイルシステムを設置することができシンプルな鍵管理を実現できます。一部のキーモバイルシステム製品にはパソコンの専用ソフトで入出記録の管理が出来る機能も備わっているので、キーモバイルシステムを管理者業務に取入れるメリットも十分にあると言えるでしょう。マンションや一般住居向けのキーモバイルシステム製品にはセキュリティ面での工夫がされていてワンドア・ツーロックが標準装備になっています。室内側にはサムターン回しに備えた防犯サムターンがついていますが万が一、片方のシリンダーが解錠された場合でも、20秒経過すると自動的に施錠される「施錠復帰機能」が付いているので防犯面においても安心できます。続いてキーモバイルシステム対応可能な製品を紹介します。

 

◎キーモバイルシステムが使える電気錠

キーモバイルシステムが利用できる電気錠と対応リーダを説明していきます。

iELシリーズ

iELはマンション用のインテリジェント電気錠です。iELにはキーモバイルシステムの便利で簡単な特徴が兼ね備わっています。iELシリーズの解錠には3種類の非接触IDキーが対応しています。電気錠のリーダにかざすだけのノンタッチキーとFeliCaカード、カバンやポケット等にカギ入れた状態でリーダを押すだけで電気錠が解錠できるラクセスキーの中からライフスタイルにあったカギを使えます。iELシリーズは電気錠本体内に制御機能を構成する全ての機器が小型化して内蔵されているので施工が簡単にできコストダウンを図ることができます。

 

PiACK II

PiACK IIシリーズはカードと本体テンキーを使い解錠認証を行うことができるハイブリッドタイプです。認証モードは2種類あり「OR認証モード」はカード、テンキーのいずれかの操作で施開錠ができます。テンキーを使う暗証番号のみの認証モードを選択すれば、手ぶらで解錠することができるのでカギ管理が不要になります。

2つ目の「AND認証モード」はカードとテンキー暗証番号の両方を操作して施解錠をします。2段階の認証操作が必要なため防犯面に優れたタイプの認証モードで、扉を閉めると自動的に施錠する自動施錠機能にも対応しているので外出時の鍵の掛け忘れの心配もありません。またPiACK IIはマンションなどの共用エントランスのオートロックと連動させてキーモバイルシステムを構築することができ、住戸の解錠認証で使うFeliCaカードをオートロックのリーダにかざして解錠することが可能です。また取替え交換作業が簡単にできる電池式の電動サムターンユニットなので大掛かりな配線工事や扉の加工工事は必要無く施工費を抑えることができます。使用する電池は入手しやすい単三電池で、電池残量が少なくなったらアラームとLEDで警告してくれます。万が一電池が切れた場合でも、室外側から電気錠本体ユニットのシリンダーカバーをはずして9V角形電池を使い電源を供給することが可能です。またシリンダーカバーをはずせば鍵穴もあるので直接カギをさして解錠することもできます。

 

FKL

FeliCaを採用したレバーハンドル電気錠「FKL」はリーダ部分にFeliCaカードをかざすだけで施解錠することができるキーモバイルシステムです。カードに登録情報を読み込ませて使うタイプなので賃貸マンションなどの鍵管理業務の負担は劇的に軽減します。カギ(カード)を紛失したり部屋の退去ごとにシリンダーを交換する必要はなく、紛失時は管理会社が新しいカードを発行するだけで古いカードは使用できなくなり、退去時は管理者用カードで退去操作をするだけです。空室時には見学者・修繕業者用などの一時カードを用意しておけば、煩わしい鍵の管理の手間が省けるので大幅なコスト削減が可能になります。

 

FKALT

FKALT」はFKLと同じくレバーハンドル電気錠ですが自動施錠機能が搭載されているオフィスビル向けの電気錠です。カードまたはスマートフォンをリーダにかざしてロックを解錠する非接触式なので、耐久性にも優れています。別売りのソフト(SFACF01またはSFACF01IR)を併用すれば簡易入室管理システムを構築でき、FKALTに保持されている

最新1,600件の使用履歴データのログを取り出して確認するができます。美和ロックキーモバイルシステムのフォーマット以外にも楽天Edyなど各種IDフォーマットにも対応できます。

 

PicoAシリーズ

オフィス向けキーモバイルシステム「PicoAシリーズ」は扉だけで入出管理ができる次世代型管理システムです。従来の出入管理機能をカードリーダに収め、電気錠の制御機能を扉内に設置するアダプタに凝縮しており、電気錠、アダプタ、カードリーダを取り付けるだけで本格的な入出管理が実現できます。機器を小型化し集約させているので機器費用が下がり、施工の簡素化と省配線化により電気錠の施工費も削減できます。カードへ情報の登録・抹消はリーダ室内側に内蔵されたロータリースイッチを使用して行います。また専用アプリを使用して、パソコンで入出履歴の管理やカードデータの一括管理を行うことも可能です。

 

◎まとめ

キーモバイルシステムは国内シェア率ナンバーワンの美和ロック社のシステムです。キーモバイルシステムは製品の組合せが多様にあるので使い方や設置環境に合わせた製品の提案が可能です。カギ舎は美和ロックキーモバイルシステム製品の取り扱い・施工をしております。キーモバイルシステムや電気錠以外でもカギの気になることやお困りごとがあればいつでもお気軽にご相談ください。


鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569
メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241
■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1
東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域