TEL:0120-69-0569
お問合せフォーム
MENU

防犯・トピックス

インテリジェント本締電気錠IEDM

◎インテリジェント本締電気錠ってどんな鍵?

インテリジェント本締電気錠を紹介する前に「本締錠」とは何かをまず押さえておきましょう。本締錠とはデッドボルト(カンヌキ)だけを備えた鍵で、通常は鍵やサムターンで操作しますが、これを電気的に操作するのが本締電気錠です。インテリジェント本締電気錠は、オフィスの通用口に多く用いられており、鍵などで解錠すると、通信制御されたシステムにより一定時間が経過するか扉を一度開閉するまで解錠を維持します。もちろん電気錠のため施錠は自動的に行われます。

 

◎インテリジェント本締電気錠の特徴

インテリジェント本締電気錠の大きな特徴は、「電気錠に制御装置を内蔵しインテリジェント化」したことです。通常の電気錠は、電気錠・制御部・操作部の3点が必要ですが、インテリジェント本締電気錠は、電気錠自体に制御基板を内蔵した非常にシンプルな構造です。電気錠システムの構成内容によっては機器を少なくできるため、インテリジェント本締電気錠は機器代や工事費用のスリム化が可能です。インテリジェント本締電気錠は、電気錠の操作に必要なモーターを高性能にしたもので、解錠のみをモーター駆動で行い施錠はストライクの磁石の力で自動的にデッドボルトが突出する仕組みが採用されています。これによりインテリジェント本締電気錠は今までのオフィス電気錠に比べ「1.5倍の耐久性」を実現し、本締電気錠の使用者が多いオフィスでも安心して使うことができるようになりました。インテリジェント本締電気錠は、マグネットトリガー式のデッドボルトで「施解錠を確実に行える」ようになっています。メインのデッドボルトに加えてサブデッドボルトが組み込まれたことで、正常に施錠されればストライクとデッドボルトの隙間をサブデッドボルトが埋めるように働き、施錠中のドアが風などでガタつくのを抑えます。万が一停電が発生したとき、インテリジェント本締電気錠は停電前の状態を維持します。停電前にインテリジェント本締電気錠が施錠状態であれば施錠のままですが、停電中に鍵やサムターンで解錠した場合、扉開閉後に自動施錠されます。停電前にインテリジェント本締電気錠が連続解錠の状態であれば連続解錠のままですが、停電中に鍵などで解錠した場合は施錠され再度解錠した場合は連続解錠となります。

インテリジェント本締電気錠は通信で電気錠をコントロールします。一般のシリンダー錠ではピッキングやサムターン回しなどの攻撃が心配されますが、インテリジェント本締電気錠などの電気錠を狙う脅威は配線攻撃やなりすましです。配線攻撃は扉に穴をあけるなどして電気錠の配線を攻撃する手口、なりすましは扉に穴をあける等で電気錠の配線に異なる電源盤や操作盤を接続して解錠を狙う手口です。インテリジェント本締電気錠は通信で制御するため、配線攻撃やなりすましで不正に解錠される心配がありません。

インテリジェント本締電気錠はメンテナンスの観点でも高性能です。フロントパネルの内部にモニタLDEを備え、パネルを外せばインテリジェント本締電気錠の通電状況や、鍵と扉の状態を一目で確認できます。オフィス向け出入管理システムPicoAと組み合わせれば、管理用PCでインテリジェント本締電気錠の動作回数を確認することもできます。

インテリジェント本締電気錠には標準品のIEDMと、防犯建物部品のIEVMがあります。インテリジェント本締電気錠IEVMシリーズは、官民合同会議の試験をクリアしたCP認定錠です。機器の組合せには制限があるため、インテリジェント本締電気錠の導入に当たっては事前にご相談ください。

 

◎インテリジェント本締電気錠が活用される場所

インテリジェント本締電気錠は、オフィスの通用口や非常口の使用に適しています。FelicaMIFAREのリーダとインテリジェント本締電気錠を連動させ、オフィスの出入り口の電気錠を操作します。今までの本締電気錠と異なり、インテリジェント本締電気錠であれば電気錠制御アダプタを使うことなくシステムを構築できます。

インテリジェント本締電気錠は、出入管理システムと連動してオフィスビルの安全を守ります。例えば入出管理装置CMCU-801は、非接触IDカードや指静脈認証等の各種リーダに対応します。安全門番シリーズ統合版ソフトSFAC-U01との連動も可能で、ソフトをWindows搭載のパソコンにインストールすればインテリジェント本締電気錠の操作盤と出入管理装置を一元管理できます。時代に即したセキュリティ対策が求められる今、パソコンから電気錠操作盤と出入管理装置の集中的な監視と遠隔操作を行えるのは大変便利で心強いものです。

なお、インテリジェント本締電気錠はデッドボルトのみを備えた本締電気錠でありレバーやノブを持ちませんが、レバー等が必要な場合は、通用口/非常口用電気錠であるAUTAURシリーズやAPPシリーズからお選びいただけます。

 

◎非常口で用いられる鍵の奥深い仕組み

インテリジェント本締電気錠は本締電気錠ならではの多くの強みを持ち非常口で多く用いられますが、インテリジェント本締電気錠に限らず非常口には、一般的な玄関には見られない特別な機能があります。非常口を使うような事態に遭遇しないことが誰もの願いですが、目立たないながら様々な工夫が施された非常口の秘密を見てみましょう。

美和ロック株式会社には2タイプの非常錠があり、設置場所の特徴に合わせて選ぶことができます。1つは電気錠にも対応可能なプッシュオープンバーで、病院や商業施設、空港など、緊急時の操作方法を全く知らない利用者が集まる大型施設や避難時に大勢が殺到する恐れのある非常口に用いられます。日常的に使っているノブでも非常事態ではパニックになり操作できないこともあるため、バーを押すだけのワンアクションで解錠・開扉できることが重要視されています。バーはドア幅に近い寸法で、非常口前に人が殺到しドアに身体を押し付けられた状況や、暗闇の中でも押すだけで扉が開きます。海外では、利用者が一定数を超える施設における災害時のパニックを想定し、プッシュオープンバーの設置が義務となっています。非常錠のもう1つが非常開装置付錠で、ある程度利用者が限定されたオフィスの非常口など、利用者に緊急時の利用法をあらかじめ周知できる施設や、少人数が避難できれば良い小規模施設で用いられています。非常用押すと書かれたプレートを押すとデッドボルトが引っ込み解錠できるタイプやプラスチックカバーを外す又は壊してツマミを回して解錠するタイプ、サムターンを覆う円筒状のプラスチックカバーを外してサムターンとノブを回して解錠するタイプの3種があります。

アンチパニック機能は、施錠していても内側からノブを回すだけで解錠し扉を開けることのできます。ノブを持たないインテリジェント本締電気錠は非該当ですが、アンチパニック機能の付いた非常口用の電気錠であれば、機能のONOFFを切り替えての使用が可能です。

非常口は日ごろ意識することが少ない場所ですが、目立たないながら安全を守る様々な工夫が施されています。なお、インテリジェント本締電気錠等の非常口に設置する鍵を選ぶ際は、各地域の火災予防条例等に従って検討することをお勧めします。

 

◎まとめ

デッドボルトを電気的に操作するインテリジェント本締電気錠を紹介しました。ビルやオフィスの通用口や非常口にインテリジェント本締電気錠の導入をご検討の際は、カギ舎株式会社にご相談ください。当社では一般住宅の鍵から、インテリジェント本締電気錠等のオフィス向けの鍵や入退室管理システムまで、幅広くご相談をお受けいたします。


鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569
メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241
■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1
東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域