TEL:0120-69-0569
お問合せフォーム
MENU

東京の住宅で合鍵を作るときの種類と注意点

東京の都心部においては核家族化が進んでいることから、両親や身内は離れて住んでいる場合が多いのではないでしょうか。そのため「なにかあったときに備えて両親にも家の鍵を持っていてもらいたい」「子どもの分の鍵を足りない」といった理由で、合鍵の作成が必要になる場合があります。この記事では、東京で合鍵が作れる鍵の種類や、合鍵を作成するときの注意点などをご紹介します。
 
◎東京の住宅で合鍵を作成するには
東京は共働き夫婦が多い傾向にあります。そのため子どもが就学してから成長に伴って鍵の作成が必要になってきます。子どもの人数が多いほどそれだけの鍵が必要です。とくに都心部においては、子どもが小さいときは自宅でファミリーサポートやシッターに預かってもらうケースが多く、その際に外部の人用に渡すカギが必要になります。ほかにも、遠方に住んでいる両親に渡す分の鍵や、東京も含め集合住宅では、管理上、管理人や大家さんに渡す分の鍵が必要になることもあります。東京で合鍵を作成するには、元鍵を作成したメーカーに依頼する方法と、東京の鍵専門業者やホームセンターなどで元鍵から複製する方法の2つがあげられます。元鍵をメーカーに依頼すると純正キーが作れるので、不具合の心配もなく安心です。ただし仕上がりに2〜3週間程度かかるので急いでいる際は納期を確認することをおすすめします。東京の鍵専門業者やホームセンターなどに複製の依頼をした場合、ディスクシリンダー錠などシンプルな鍵は比較的短時間で合鍵を作成することができます。ただし、鍵を複製する作成者の技術によって仕上がりが変わってくることがあるため注意しましょう。東京で合鍵を作成できる店舗は、東京の鍵専門業者、東京のホームセンター、メーカー、ネット販売などがあげられ、それぞれの特徴があります。東京の鍵専門業者は、繫華街や駅近くなどのアクセスの良い場所にあり、高い精度の合鍵を作成することができます。なかには夜間対応や出張対応している業者もあります。東京の鍵専門業者から、メーカーに特殊な鍵や電子キーやカードキーなど注文することもできます。メーカーに作成を依頼すれば、精密度が高い純正キーに仕上がるので安心です。特殊な鍵や電子キー、カードキーは、納品までに時間がかかることがあります。東京のホームセンターは、幹線道路沿いなど、行きやすい場所にあることが多く利用しやすいと言えます。東京の鍵専門業者ほど合鍵の技術や精度は高くないことがありますが、東京で急いで合鍵が必要なとき家の近所にあると助かります。インターネットで合鍵作成を受け付けている販売店もあります。ネット販売での合鍵の注文には、送料や出来上がるのに時間がかかることがありますが、手間をかけずに合鍵がほしいときに向いています。ネット販売の注文は元鍵の写真を送る必要があります。依頼する元鍵は大事な個人情報なので、合鍵の作成には個人情報を守り依頼できるショップを選びましょう。
 
◎鍵の種類による合鍵の作成方法
鍵にはさまざまな種類がありますが、鍵の形状によって作りやすさや仕上がり時間が変わってきます。ディスクシリンダー錠は、鍵の両側にギザギザと山型の刻みがあることが特徴です。1970年代に爆発的に増加し、公団住宅や賃貸物件を中心に広く導入されましたが、ピッキングに弱いことが分かり防犯性が低い鍵とされています。ディスクシリンダー錠は、築年数の古い住宅や納戸などに使用されていて、シンプルな構造のため東京では手軽に合鍵を作ることができます。そのため、東京の鍵専門業者、東京のホームセンター、メーカー、ネット販売など、ほとんどの店舗で対応できると言っても間違いではないでしょう。東京のホームセンターや東京の鍵専門業者などに手持ち鍵を持ち込めば、短時間で合鍵の作成が可能です。ピンシリンダー錠は、住居はもちろん、オフィスの机の引き出しやロッカー等にも導入されています。片側の山型にギザギザがある形状になっており、シリンダーに正しく鍵を差し込むと、内筒と外筒の境目に一致して内筒が回転することで、解除できる仕組みです。ピンシリンダー錠はディスクシリンダー錠と同様にシンプルな作りのため、防犯性はさほど高くはありません。東京でピンシリンダー錠の合鍵を作るには、東京の鍵専門業者、東京のホームセンターなどのさまざまな店舗で対応しています。また、折れてしまった元鍵でも追加料金はかかりますが、それを元に鍵を作成できる東京の店舗もあります。多くの建物で使われているディンプルシリンダー錠は、表面にデコボコとした大小の丸いくぼみがあるのが特徴です。鍵穴には表裏と側面にピンが付いていて、ディンプルシリンダー錠を差し込み鍵穴のピンと一致すると、解錠する仕組みになっています。くぼみが多いほどピッキングが何倍も難しくなるので、防犯性が高い鍵と言えるでしょう。また東京でディンプルシリンダー錠の合鍵を作成するには、高度な技術と専門の機材が必要なため、犯罪を目的にした不正に複製することが困難とされています。一般的なディスクシリンダー錠に比べると、複製の作成は複雑な作りのため費用も高く作成の時間もかかる傾向にあります。東京でディンプルシリンダー錠の合鍵をつくるには、東京の鍵専門業者などに元鍵を持参して複製をするか、メーカーに発注をします。その場合、メーカーから出荷された純正キーに刻印されている鍵番号が必要です。ディンプルシリンダー錠は複雑な鍵のため東京のホームセンターでは複製を断られることもあります。ディンプルシリンダー錠のなかには、勝手に合鍵が作成できないように、登録制のディンプルシリンダー錠もあります。そういった鍵の場合は、会員登録や製品にセキュリティーカードが付いています。ロータリーディスクシリンダー錠とは、ディスクシリンダー錠にピッキング対策が施された改良版の鍵で、両側にギザギザが付いていて、見た目はディスクシリンダー錠に似ていますが、極めて高い防犯性が実現できた鍵です。ロータリーディスクシリンダー錠がピッキングに強いのは、ピッキングにタンブラーが正しい位置に揃ったかどうかの感覚が伝わりづらいため、ピッキングが極めて難しいとされています。シリンダーには、回転を妨げる棒状のロッキングバーがついています。ロータリーディスクシリンダーに正しく鍵をさすとタンブラーの切り欠けが、ロッキングバーに一致するとロッキングバーが内筒に収納され、内筒が回転させることが可能になります。ロッキングバーはいくつかのダミーも含まれているので、ピッキングに時間がかかり、侵入犯を断念させる可能性が高い鍵です。防犯性の高い特殊な鍵なので難易度が非常に高く、複製をつくる過程で少しの誤差が生じると、鍵がかけられなくなることがあるので、東京の複製には精密度が要求されます。ウェーブキーシリンダー錠は、表裏に波型の模様が刻まれています。元々は車メーカーで使用されていた鍵ですが、今では住居などにも多く使われています。鍵を入れていないウェーブキーシリンダーの状態では、シリンダーのなかのタンブラーがサイドバーと呼ばれるピンで、タンブラーを阻止しています。正しく鍵をさすと内筒と外筒の境目に合い、サイドバーが回転して解消できる仕組みになっています。東京の鍵専門業者やホームセンターで合鍵を作る場合、ウェーブキーシリンダーの種類によっては、専門機械を持っているところ多くはないので難しいとされています。メーカーに発注すると仕上がりに2~3週間かかりますが、新品の純正キーなので誤差もなくスムーズに鍵穴に適合します。マグネットタンブラーシリンダー錠は、鍵の表面に丸いくぼみがいくつかあり、マグネットが埋め込まれた鍵です。マグネットタンブラーシリンダー錠をさすと、マグネットが付いているマグネットタンブラーが外筒のなかへ押し込まれ内筒が回転します。マグネットタンブラーがバネによって押し下げられ、鍵が固定されることで解錠する仕組みです。磁石を使っていることから通常のピッキング方法では開けられないため、防犯性の高さも期待できます。マグネットタンブラーシリンダー錠は、ロッカーやスーツケースなどに使われており、複製が難しい鍵です。東京の鍵専門業者では、メーカーから純正キーを取り寄せるので、出来上がりまでに時間を要します。
 
◎合鍵を作成するときに準備するもの 
東京の鍵専門業者や東京のホームセンターでは、元鍵を持参すれば合鍵を作成できます。合鍵をつくる際は、メーカーが製品として出荷した純正の鍵を使用しましょう。メーカーの純正キーにはメーカー名と鍵番号が刻印されているので、純正キーか複製キーで迷った場合はメーカーや鍵専門業者に問い合わせしましょう。また複製鍵から合鍵を作ると複製の精密度が低くなるので、鍵が開かなくなることや、鍵が入っても抜けなくなりシリンダーのなかまで故障するなど、鍵のトラブルが起きる恐れがあるので注意してください。鍵の種類によっては、東京のお店では身分証明書を求められるケースもありますが、住居などによく使われているディスクシリンダー錠やピンシリンダー錠などでは、身分証明書は必要ない場合もあります。しかし防犯性の高い鍵や登録制システムを利用している鍵は、東京でも身分証明書の提示を求められることがあります。またディンプルシリンダー錠などの登録制システム付の鍵には、セキュリティカードや登録システム証明書などが発行されています。メーカーによっては登録制システム付の鍵でなくても、オプションで登録制システムをつけることが可能なサービスもあります。この場合カードなどを必ず持参しなければ、東京では複製を作ることができません。さらに手持ちの鍵が登録制カードなのかどうなのかわからない場合は、メーカーに確認してみましょう。またカードなどを紛失してしまうと、防犯上合鍵が作れなくなってしまうので大切に保管しましょう。
 
◎合鍵を作成するときの注意点 
合鍵を作る際、せっかくだからと予備に何本か作ることは推奨されていません。鍵が増えるほど紛失・悪用されるリスクが高まるので、不必要な本数の鍵は作らないようにしましょう。鍵は長年使用していると抜き差しの摩擦や傷などで、削れたり変形していきます。もしそれが元鍵だった場合、元の正確な合鍵をつくることが難しくなる場合があります。そのため、普段持ち歩く鍵は純正キーから作成した合鍵を使用し、純正キーの1本は使わずに家で保管しておくことをおすすめします。そうすることで、万が一鍵がなくなってしまっても純正キーから合鍵を作ることができます。東京に賃貸物件に住んでいて「鍵を失くしてときに備えて、予備の鍵を作っておきたい」「家族の以外の人に鍵を渡したい」などのさまざまな理由で、合鍵の作成が必要になるときがあります。賃貸物件の所有者はあくまでも大家さんなので、無断で合鍵を作ることは禁止されています。入居する前に契約書の取り決めがされていることもありますが、東京の賃貸物件で合鍵を作る場合は、大家さんや管理会社・不動産に事前に確認を取ると安心です。鍵は退去時に合鍵も含めてすべて返却しなければなりません。現在主流となっている鍵はディンプルシリンダー錠で、東京の鍵専門業者、東京のホームセンター、メーカー、ネット販売で合鍵の作成が可能です。機材や技術力の問題など、ディンプルキーの種類によっては、合鍵を作成できる鍵専門業者は限られてきます。ディンプルシリンダー錠の合鍵を作成することができるか、事前に確認をしてから依頼をすると安心です。
 
◎まとめ
東京で合鍵を作成する場合、店舗の技術や鍵の種類によって費用や時間は変わります。東京の古い建物などで使われているディスクシリンダー錠やピンシリンダー錠などの合鍵費用は比較的安価で、かつ短時間で作成することができます。一方で防犯性に優れているディンプルシリンダー錠は、その場で合鍵を作成できる鍵もありますが、メーカーに発注しないとできない鍵の場合は、2〜3週間程度かかる場合があります。カギ舎では鍵交換や鍵修理はもちろん、合鍵作成も承っております。お問い合わせフォームから鍵の写真を送っていただければ、おおよその金額と日数をお伝えいたします。

鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569
メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎セキュスターズ株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241
■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1
東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域