防犯・トピックス

ロックマンジャパン ボルカロックLC105~レバーハンドル一体型電子錠

○ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠の4つの安心
1、カギのかけ忘れの心配なし!オートロックが安心
2、さまざまな解錠キーに対応!カギの持ち忘れも安心
3、取り付け簡単!穴加工なしで安心
4、オフィスでも自宅でも!モード切り替えで安心
○ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠の安心・便利機能
・お子様からお年寄りまで操作が簡単!
・室内からはワンタッチで解錠可能
・電池交換が不要
・こんな便利な機能も
○ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠のメリット・デメリット
・ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠のメリット
・ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠のデメリット
○ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠の注意点
○まとめ~ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠の取り付けはカギ舎にお任せ!
 
 
毎日必ず使用するものに「鍵」があります。
手軽に使えて、防犯レベルが高いものがいいですよね。
 
数多く販売されている鍵の中で防犯対策に優れているとして注目されているものに「電子錠」があります。
 
「鍵を持ち運んでいると落としたり失くした時に大変!」
「鍵を挿し込むタイプはピッキングが心配・・・」
「事務所の鍵をスタッフ全員が管理しているのはちょっと・・・」
「鍵を変えるのって大変そう・・・」
 
鍵に対するこのような心配をお持ちの方にはぜひ電子錠をオススメします。中でも今注目されている電子錠に「ロックマンジャパンボルカロックLC105」があります。
 
どのような電子錠なのか、詳しくご紹介しましょう!
 
○ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠の4つの安心
ロックマンジャパンボルカロックLC105についてお伝えします。
さまざまな特徴的な機能が搭載されており、どのようなシーンであってもとても便利に活用することができる電子錠です。
 
1・ロックマンジャパンボルカロックLC105はカギのかけ忘れの心配なし!オートロックが安心
ロックマンジャパンボルカロックLC105は、レバーハンドル一体型の電子錠であり、毎日使う鍵だからこそ手軽に安心できる機能が搭載されています。
通常のシリンダーに鍵を挿し込むタイプであれば、外出の際には必ず鍵をかけなければなりません。
しかし外出してから
「あれっ、鍵をきちんとかけたっけ・・・」
と、不安になったことはありませんか。
普段からしていることなので、意識せずにきちんとかけてあったということも多いのですが、やはり防犯のことを考えるとこのような不安はなくしたいでしょう。防犯上だけではなく、精神衛生上においてもよろしくありませんよね。
近年の空き巣を見てみると、グーグルマップなどで家を調べてから侵入するということがとても多くなっています。もしも下調べされたうえで、さらに鍵がかかってなかったとしたら、もう空き巣に「入ってください」と言っているようなものです。
また仮に鍵をしっかりとかけていたとしても古いシリンダー錠であれば、慣れた空き巣にとってはピッキングで解錠するのに10秒も要りません。つまり古いシリンダーキーであれば、鍵がかかっていても、かかっていなかったとしてもそれほど変わらないともいえるのです。
ロックマンジャパンボルカロックLC105はもちろんオートロックになっていますので、鍵の閉め忘れの心配はまったくありません。またシリンダー錠ではありませんからピッキングの心配もなく、外部から破壊しようとする行為にも強く作られています。
今付いている鍵をこのロックマンジャパンボルカロックLC105に変えるだけで、高い防犯性を発揮することができるのです。
 
2・ロックマンジャパンボルカロックLC105はさまざまな解錠キーに対応!カギの持ち忘れも安心
 
ロックマンジャパンボルカロックLC105は電子錠ですから、暗証番号で解錠することができます。またそれだけではなく、専用カードや解錠タグ、おサイフケータイなどで解錠することもできるようになっています。また非常用として、挿し込み型の鍵を利用することもできます。
暗証番号については、自分で決めた4~12ケタの暗証番号を設定することができ、鍵外側に付いているタッチパネルで簡単に操作し解錠することができます。
ただし暗証番号の入力を誰かに見られているのではないかと気になる人も多いと思います。こっそりと後をつけられていて、暗証番号を入力しているのを観察されて推測されるという事件も実際に起こっています。
そのような不安をお持ちの方には、専用カードや解錠タグ、おサイフケータイを併用して活用するといいでしょう。
専用カードは最大200枚まで登録することができます。暗証番号で施解錠するのではなく、専用カードで出入りするようにしておけば、多くのスタッフが出入りするような扉であってもスタッフにカードを渡しておけば済みます。カードは一枚一枚登録していきますので、仮にカードを失くしたとしてもそのカードの登録を外してしまえば、防犯上も安心です。
またご家庭において、暗証番号の入力が不安だったり、手間を感じるようであれば、スマホに入っているおサイフケータイを鍵として活用することも出来るのです。これはとても便利だと思いませんか?
 
3・ロックマンジャパンボルカロックLC105は取り付け簡単!穴加工なしで安心
ロックマンジャパンボルカロックLC105はとても取り付けが簡単で、複雑な施工をしなくても設置することができるようになっています。
すぐに取り付け可能な扉としては次のものがあります。
MIWA社:LA、13LA、MA
GOAL社:LG
ユーシンンショウワ社:MS。MM
シブタニ社:LC    
など(ほかにも対応できる扉はあります)。
これらに該当している扉であれば、特に扉に事前加工する必要はなく、配線工事なども不要になっています。例えば、賃貸物件などに活用する場合で、退去時において原状復帰が必要な物件である場合にはとても有効です。
穴加工など特別な加工が不要ですから、なんとドライバー一本で取り付けすることが可能です。錠ケース、レバーハンドル、ストライクをもともとシリンダー錠が取り付けてあった部分を利用して取り付けることができるのです。
もちろん私どもカギ舎に連絡を頂ければ、早ければ15分で到着し取り付け作業を行います。2年間の無料施工保証も付いていますので安心ですよ。
 
4・ロックマンジャパンボルカロックLC105はオフィスでも自宅でも!モード切り替えで安心
ロックマンジャパンボルカロックLC105にはモードの切り替えができるようになっており、「ホームモード」であれば家族だけが分かるように設定できますからとても簡単ですし、事務所や店舗において活用するのであれば「セキュリティモード」で管理者権限機能に対応しており、管理者によってカードの追加や削除が簡単にできるようになっています。
ホームモードにおいては、カードの登録が30枚まで可能となっていますし、暗証番号の登録も4桁から12桁までを4組登録させておくことが可能です。つまり家族全員がカードを所有することも可能ですし、暗証番号においては4人家族であれば、おのおのが好きな番号を登録することもできるのです。
セキュリティモードであれば、カードの登録が200枚まで可能となっています。事務所や店舗において利用する際にはとても便利な機能です。もちろんカードの登録や削除は管理者の権限で行うことが可能で、ほかの人が行うことはできません。カードごとに登録や削除することができますから、仮にスタッフがカードを失くしたとしても、そのカードの登録だけを削除すればいいのです。
 
ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠の安心・便利機能
ロックマンジャパンボルカロックLC105の特徴をご覧になって、付けてみたいと考えている人も少なくないでしょう。
自宅で使うのもよし。事務所や店舗でも使うのもよし。とても優れた機能を有している電子錠なのです。
ここではロックマンジャパンボルカロックLC105に備わっている、安心で便利な機能を見ていきましょう。
・お子様からお年寄りまで操作が簡単!
電子錠を導入する際に、不安に感じておられるものに
「うちは子供が小さいから」
「おじいちゃんやおばあちゃんでは分からないよね」
とおっしゃる方がおられます。
しかし操作はとても簡単ですから、利用する人に適した施解錠方法を活用することができます。
例えばおじいちゃんやおばあちゃんなど、複雑な暗証番号が覚えられないということであれば、カードキーを登録して渡してあげましょう。パネル上にカードを近づけるだけで解錠することができますし、さらに外出時にはオートロック機能によって鍵のかけ忘れの心配はありません。今よりも手軽になり、さらに防犯機能が高められることは間違いありません。
小さいお子様がおられるご家庭である場合、カードを失くしてしまう心配があるでしょう。カードをなくても個別で解除することができますから防犯上の心配はそれほどありません。しかしカードの紛失を心配されているのでしたら、お子様が所有されているスマホのおサイフケータイによって解錠させることも可能です。
解錠タグと呼ばれる、キーホルダーのような鍵を使うこともできます。お子様のカバンなどに付けておけば失くす心配もありませんし、カードキーのようにかざすだけで解錠することができますので安心です。
 
ロックマンジャパンボルカロックLC105は室内からはワンタッチで解錠可能
室内から外出しようとする際に手間にならないものがいいですよね。
ロックマンジャパンボルカロックLC105は、扉を内側から解錠するためには、ボタンひとつ押すだけでいいのです。とても簡単に解錠できるようになっています。
外出の際にカードを取りだしたり、暗証番号を入力する必要はありません。ボタンひとつで解錠し、扉を閉めればオートロックで施錠されます。これほど手軽なものはありませんね。
 
ロックマンジャパンボルカロックLC105は電池交換が不要
ロックマンジャパンボルカロックLC105は通常は電池交換式になっていますが、配線工事を行うことで電池ではなくACアダプターにて本機を使用することもできます。
「電池の交換が手間」
と電子錠の利用を尻込みしている人にとって、とても便利な機能でしょう。
「でも配線してしまったら、停電の時に施解錠できないのでは?」
と考える人もおられると思います。
しかしもしも停電が起こってしまった場合には、外部電源端子に9V電池をあてることで緊急的に稼働させることも可能なのです。また非常時に施解錠させるメカニカルキーも5本標準装備されています。扉外側から挿しこんで使う事ができます。内側から解錠する際には非常用サムターンを利用することができます。
 
・こんな便利な機能も
 
ほかにも様々な機能を有しているボルカロックLC105。こんな便利な機能も付いています。
 
【手動ロック機能】
基本動作としてはオートロックになっていますが、オートロックではなく手動ロックに切り替えることができます。手動ロックの場合では、外側からタッチパネルをタッチすれば施錠する仕組みになっています。荷物を運ぶなど一時的に扉を頻繁に開け閉めするような場合であれば、便利な機能です。
【連続解除機能(解除保持機能)】
設定を解除するまでは、解除を保持し続けるという機能もあります。例えば店舗など人の出入りが激しい扉の場合であれば、この機能を活用するととても便利です。
【いたずら警報機能・侵入警報機能】
ロックマンジャパンボルカロックLC105にはとても安心できる防犯機能が備えられています。
いらずら警報機能では、登録されていない暗証番号を連続5回繰り返した場合、警報音が鳴り、1分間動作を行えないようになっています。
また侵入警報機能では、扉が施錠されている状態で、異常に解放した場合に大きな警報音が鳴る仕組みになっています。
【電池切れお知らせ機能】
電池で活用している場合には、余裕を持って電池交換をお知らせするアラームが鳴るようになっています。急な電池切れでアタフタする心配はありません。
 
ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠のメリット・デメリット
ロックマンジャパンボルカロックLC105のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。
いま設置を悩んでいる人にはぜひご覧いただきたい情報です。メリットがみなさんにとって大きなものであればぜひ設置交換を検討して頂ければ幸いです。
 
・ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠のメリット
ロックマンジャパンボルカロックLC105はお伝えしていきた通り、かなり多くの特徴を持っています。
特にシリンダーキーとは違い、管理に不安や手間がまったく要らないという部分がメリットであるといえるでしょう。
扉は基本的にはオートロックですので、閉め忘れの心配はまったくありません。また鍵を忘れて外出して、家族みんなが外出してしまい締め出されるという心配もありません。失くしてしまう心配もありません。
管理上の心配はまったく必要にならないにも関わらず、セキュリティ面においてはとても高くなります。
特に現在シリンダーキーを活用していて、古いものであればハッキリ言って防犯機能はまったくありません。空き巣がピッキングするには好都合です。最近の空き巣は家族の行動なども調べたうえで侵入しますから、外出している間に盗まれてしまいます。
事務所や店舗で使用する際にも、スタッフみんなで鍵を管理するという手間がなくなります。スタッフすべてに鍵を渡さねばならないような場合、どうしても失くしてしまう心配があります。
カードキーであれば200枚まで登録することが可能ですし、もし失くしてしまっても失くしたカードだけを除外設定すれば済むのです。
 
・ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠のデメリット
ロックマンジャパンボルカロックLC105のデメリットとして挙げられる点は、設置の際に通常のシリンダーキーと比べるとどうしても費用がかさんでしまうという点です。
鍵自体の値段がかなり違うということもいえますし、鍵を設置してからも電池代や電気代が多少なりともかかってきます。
また暗証番号を把握しておかずに外出して、カードキーを忘れてしまったような場合です。オートロック機能はとてもセキュリティ面において安心できるものではありますが、うっかりとカードキーを忘れてしまった場合には締め出されてしまうことがあります。
もちろんその時のために非常用のキーがあるのですが、電子錠に慣れてしまうと非常用キーを持ち歩くことも忘れてしまう場合も多くあります。
 
ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠を購入する際の注意点
 
ロックマンジャパンボルカロックLC105を設置することは特に難しい技術は必要ではなく、ドライバー1本で取り付けることが可能です。ただし一部の扉においては加工が必要であり、さらに自己判断で取り付けした場合には、設置ミスでうまく作動しないというトラブルも考えられます。設置方法を間違えてしまうと、施工中に自分自身が締め出されるというトラブルが発生してしまうこともあります。
 
そのため通販などで購入して取り付けることも可能ですが、少しでも不安があるのならばぜひカギ舎にまずは相談して頂きたいと考えています。特にこのような場合であれば、ご連絡ください。
・扉がかなり古いもの
・扉の建てつけが悪くなっている
・鍵を外したが、どうも扉に加工が必要だ
・扉が分厚いけど付けられるのだろうか
・電子錠の設定方法がよくわからない
このような場合でも、取り付けが可能です。
ぜひ諦めずにカギ舎までご相談ください!
 
○まとめ~ロックマンジャパンボルカロックLC105電子錠の取り付けはカギ舎にお任せ!
ロックマンジャパンボルカロックLC105についてまとめてみました。
とても利便性の高い電子錠で、取り付けも簡単ですので、自宅に備えられている鍵を外せばすぐに取り付けすることができます(一部の扉では加工が必要)。
「電子錠を付けてみようかな」
「なんかとっても便利そう」
「私でも電子錠を扱うことができるかな」
どんな些細なことでも、電子錠のことはカギ舎までご連絡ください。お気軽にご相談をお受けいたします。
お見積りも無料で行います。お見積り以上の金額を頂くことは絶対にありません!安心してご依頼頂きたいと思います。
 

鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569

メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241

■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1

東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域