防犯・トピックス

ドアノブの調子が悪い!?自分で修理するよりカギ舎に頼んだ方がいい理由を教えます!!

ドアノブの動きが悪い、部品がうまく動かないなどの不具合は結構起きるものです。ドアノブというのは使用するにつれて劣化していく消耗品です。開閉する回数が多ければ多いほど不具合が起きるスピードは上がります。 ですから、人が多く出入りするドアノブは良く壊れます。ですが、自分で修理するのは、ちょっと待ってください。その理由を説明していきましょう。

ドアノブの故障個所と原因 ドアノブと一言でいっても故障する箇所は様々です。よく起きる故障を上げると以下の通りです。

  • ラッチボルトの不具合(動かなくなる、渋くなるなど)
  • 鍵をかけても、デッドボルトがでてこない。
  • ノブが空回りする
  • ドアノブ全体がグラグラして外れそう
詳しく説明していきましょう。 ラッチボルトとは、ドアノブ側面についている三角上の突起です。この部分でドアを閉めておく状態をキープしています。 この部分はドアの開閉時によく動く部分なので故障しやすいです。故障原因は
  • ストライク(ドア枠側の受け金具)との位置関係がズレ不具合を起こした
  • 内部部品の不具合・損傷によるもの
であることが多いです。

 

これはドア枠の歪みの発生やドアノブの経年劣化が原因で起こります。

ドアノブの歪みによりストライクとラッチボルトの位置関係がずれてしまったのなら、すぐに問題が分かるでしょう。

  • 内部の摺動部(こすれる部分)の摩耗が進み、ガタがうまれる
  • 部品自体が壊れて稼働しなくなる
  • グリスと呼ばれる潤滑剤が固着して動きを悪くする
などといった内部機構を知っている人間でないと分からない不具合が関係しています。 デッドボルトと呼ばれる施錠したときにドアノブ側面から飛び出す四角柱の突起がうまく稼働しなくなるのも、ドアノブが空回りしてしまうのも、内部機構の不具合や損傷です。 ドアノブ全体がグラグラする場合も、取り付け部分のねじのゆるみの可能性もありますが、内部の摩耗によってスキマが大きくなったのが原因である場合もあります。

 

全交換が必要かはプロの判断が必要

このように、ドアノブに詳しいプロが見なければどこが悪いのかは分からないケースが多いです。専門家がみれば内部の清掃とグリスの交換でOKなこともあります。そうなれば、費用も抑えることができるでしょう。 自分の判断で勝手に分解してしまうと修理ができなくなることもあります。特に、小さい部品をなくされてしまった場合は、全交換になる可能性も高いので注意してください。 よくやりがちなのは、内部の滑りを良くしようと防錆潤滑剤などのサラサラしたオイルをドアノブ内部に入れてしまうことです。ドアノブ内部にはグリスと呼ばれる粘土の高いオイルがついて可動部を守っています。これがサラサラした防錆潤滑剤で洗い流してしまい、より渋くさせてしまうと言った結果を呼びよせてしまうことがあるのです。 ですから、安心面や作業時間を考えてもプロにお願いするのがいいでしょう。

交換するならより良いものを選ぼう

不具合の状況をみてから、最適、かつ、低価格の修理方法をご提案させていただ

 

鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569

メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241

■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1

東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域