TEL:0120-69-0569
お問合せフォーム
MENU

高精度の指紋認証リーダーKJ-3400Fで構築する正確な勤怠管理

事業者は、労働時間を客観的に把握することが義務化され、正確で客観性のある勤怠管理の方法に注目が集まっています。KJ TECH japanの指紋認証リーダーKJ-3400Fは、高性能な指紋認証を1秒以内に実行し、正確な勤怠管理も実現できる認証リーダーです。この記事では、客観性と正確性が求められる勤怠管理や勤怠管理に指紋認証を活用するメリット、KJ TECH japanの指紋認証リーダーKJ-3400Fをご紹介します。
 
◎客観性と正確性が求められる勤怠管理
企業が従業員の勤務時間や休憩時間、残業時間や休日を把握・記録し管理するためのシステムやプロセスを勤怠管理といいます。この勤怠管理は、労働基準法に関連するルールやガイドラインに基づいて行う必要があり、2019年に働き方改革の一環として行われた労働安全衛生法の改正により、事業者は従業員の労働時間の状況を客観的に把握することが義務化されました。法改正により長時間労働や過度な残業に対する法的な罰則や上限時間か設けられたと同時に、年次有給休暇の取得日数も義務付けられ、より一層正確な勤怠管理が求められています。また、正確な勤怠管理は従業員の過労を防ぎ健康を守ることができるため、企業の生産性向上や離職率の低下も見込めます。そのため正確な勤怠管理は法的に義務化されているだけでなく、従業員や企業にとってもメリットです。従来の勤怠管理といえば、出退勤時にタイムカードを打刻したり手書きの出勤管理表に出退勤時間を書き込んだりするのが一般的でした。タイムカードは出退勤時にカードを専用の機械に通すことで自動的に時間を記録します。機械が自動で時間を記録するため客観性はありますが、打刻漏れなどのミスや、本人以外の誰かが打刻することもでき、勤怠管理の正確性に欠けます。実際に遅刻をしそうな際や、不正に残業をしたい際に誰かに打刻を依頼するといったケースもあり、このような場合には信頼性の高い正確な勤怠管理ができているとはいえません。また、手書きの出勤管理表による勤怠管理に関しては、使い方はシンプルですが自己申告による記録であるため「勤怠状況の客観的な把握」といった法的な要件を満たすことはできません。近年では従来の勤怠管理の方法とは別に、勤怠管理を法律に則った形で適切に実施できるよう、正確かつ客観性が保たれた勤怠管理方法に注目が集まっています。そのひとつである指紋認証を用いた勤怠管理は、指紋認証という正確に個人を識別、特定できる方法を利用し、認証時間と紐づけて出退勤時間を自動で記録、管理するため、正確性が高い勤怠管理方法です。指紋認証を入退室管理システムや勤怠管理と連携することで、従業員の勤怠状況を客観的かつ正確に把握できるだけでなくセキュリティ性も強化でき、多くの企業が指紋認証を導入しています。
 
◎生体認証を用いた入退室管理システムと勤怠管理の連携
生体認証を用いた入退室管理システムと勤怠管理を連携することで、利便性の高い正確な勤怠管理が実現します。そもそも入退室管理システムとは、建物や特定のエリアへ「だれが」「いつ」入退室したのかを正確に管理するためのシステムです。生体認証を用いた入退室管理システムでは、施設や特定のエリアに入室する際に個人の身体的特徴を用いて認証し解錠します。その記録は自動的に保存、管理されるため、正確性とセキュリティ性の高い方式です。この正確性の高い生体認証を用いた入退室管理システムと勤怠管理を連携することで、タイムカードや手書きの出勤管理台帳よりも信頼できる勤怠管理が実現します。認証時間が自動で保存、記録されるため「従業員の勤怠状況を客観的に把握する」といった法的な定めも問題なく満たすことが可能です。それだけでなく、ひとつのシステムで出退勤とアクセス履歴を管理することで、労務担当者の業務効率化も望めます。入退室管理システムは、だれが、いつ、どこへ入退室したのかを正確に記録するため、タイムカードの場合に発生していた打刻後のサービス残業も困難となり、無理のない適切な勤務体制を整えることもできます。入退室管理システムにおける認証方法にはカード認証や暗証番号などもありますが、そのなかでも生体認証は、セキュリティ性と利便性の高い認証方式といえます。生体認証で利用する生体情報は自身の身体の一部であり、簡単になりすますことや盗まれることはありません。自身の身体が鍵となるため利便性が高いうえ、セキュリティ強化により不正アクセスを効果的に抑止することができます。また、入退室管理システムや勤怠管理と連携する生体認証は、リーダーによっては1秒以内という高スピードで認証、解錠が可能なものもあります。これにより効率的な入退室と勤怠管理が実現するのです。生体認証は、認証精度も認証速度も導入コストも実にさまざまです。そのため、企業にとって最適な認証リーダーを選定することが求められます。
 
◎勤怠管理に指紋認証を活用するメリット
指紋は同じものが2つとない唯一無二の個人情報です。見た目がそっくりな一卵性双生児でさえも指紋は異なるため、指紋認証を用いることで正確に個人を識別・特定することができます。さらに、指紋認証は生体認証のなかでも歴史が古い分、技術的な完成度や認証精度が高いシステムです。勤怠管理に指紋認証を用いることで確実に個人を特定でき、自動的に認証時間が記録、保存されるため、従業員1人ひとりの勤怠状況を正確に把握できます。また、指紋を盗んだり模倣したりすることは簡単ではなく、タイムカードのように誰かが代わりに打刻するといったなりすましもできません。指紋認証の時刻を自動的に記録するため、タイムカードの打刻ミスのようなヒューマンエラーも防げます。これらを踏まえ、指紋認証と勤怠管理を連動することは、正確で客観性のある勤怠管理を実現できるといえます。また、指紋は指先に深い傷や火傷を負わない限り生涯変わることはなく、1度認証リーダーに指紋を登録しておけば半永久的に利用できます。さらに、自身の身体の一部である指紋が鍵となり解錠や勤怠管理を行うため、鍵やICカードを持ち歩く必要もなく、紛失や盗難などの被害に遭うこともありません。物理鍵のような管理の手間もなく、利便性も防犯性も高いといえます。指紋認証リーダーによっては指紋センサーに指を置くだけで自動的に認証が実行され、最速1秒以内に認証・解錠・記録が行われます。そのため効率的な入退室と勤怠管理を実現し、朝の忙しい出勤ラッシュの時間に出勤者の行列を作ることもありません。とくに、従業員数の多い企業の勤怠管理に指紋認証を活用する場合、認証の速さは重要です。それと同時に、認証精度も重要です。指紋認証の精度は認証リーダーにより異なります。指紋認証を導入しても認証精度が低ければ、正確な勤怠管理もセキュリティ向上も望むことはできません。指紋認証リーダーが採用する認証方式や、指紋認証を使用する環境などによっても認証精度は異なるため、導入前に活用場面に応じた製品を選定することが必要です。そして、精度の高い指紋認証リーダーを導入することで正確な勤怠管理が実現します。正確で客観性のある勤怠管理により労務管理業務も簡略化し、今まで手作業で行っていた記録などが必要なくなれば入力ミスなどのヒューマンエラーも起こりません。また、サービス残業などがない適切な労働環境となる結果、従業員の健康を維持し、企業全体の生産性向上や離職率低下が見込めるといったメリットもあります。指紋認証導入時には初期費用がかかりますが、鍵やICカードに比べ紛失による再発行や新入職員への新たな交付などは必要ないため、長期的にみると運用コストを抑えることが可能です。さらに指紋認証と勤怠管理の連動により出退勤管理台帳のような紙ベースの記録を電子化することで、資料の保管場所や管理コストも削減できます。
 
◎客観的かつ正確性の高い勤怠管理を実現するKJ-3400F
KJ TECH japanの指紋認証リーダKJ-3400Fは、指紋を鍵として世界最速の1秒以内で認証する、高性能な指紋認証リーダーです。500DPIの光学センサーが指紋を詳細に読み取り、信頼性の高い認証を実行します。指紋の微細な特徴も正確に読み取るため個人特定能力が高く、なりすましによる不正アクセスは極めて困難です。これにより、勤怠管理においても従業員1人ひとりの勤怠状況を正確に把握することができます。方向指紋認識を採用していることで、360度あらゆる角度に置かれた指紋も正確な読み取りが可能であり、利便性の高さも特徴です。さらに、指紋認証によって記録された勤怠管理のデータは最大20万件の保存が可能であり、多くの従業員を抱える企業の勤怠管理としても最適です。保存された認証記録は、過去のものも遡って確認することができるので、万が一なりすましによるトラブルが発生した際も早急に原因を究明することができます。また指先を認証センサーに乗せるだけで自動で認証が実行される自動指紋認識機能を搭載しているため、スタートボタンを押す手間もなくスムーズでスピーディな入退室と勤怠管理が実現します。事前に指紋を登録する必要はありますが、登録はパソコンやKJ-3400Fを用いて誰でも簡単に行えます。そのため、従業員の入れ替わりが激しい大規模な企業や工場への設置も最適です。利便性の高い指紋認証リーダーKJ3400-Fは、入退室管理システムと連携できます。誰が、いつ、どこに入退室したのかを正確に記録することで、セキュリティ強化も可能です。さらに勤怠管理と連動することで、従業員1人ひとりの出退勤時刻は正確に記録され、タイムカード使用時に発生するなりすましの打刻など不正行為も起こりえません。指紋認証時間は自動で保存されるため客観性も保たれ、勤怠状況の客観的な把握といった法的な定めも満たすことができます。また、入退室と勤怠状況の記録・管理は一元化されるため、労務担当者の業務負担軽減も見込め、経費削減や生産性向上につながります。指紋認証リーダーKJ-3400Fは、IP65等級の防水・防塵性を誇り、屋外への設置が可能です。機器に塵埃の侵入を許さず、あらゆる方向から噴流水をあびたとしても機器の動作に影響を受けません。そのため、勤怠管理として企業の屋外出入り口に設置したい場合にも、安心して導入できます。設置スペースが限られた狭い場所であっても、スリムでスマートサイズのKJ-3400Fであれば、空間を有効に活用することができます。
 
◎勤怠管理と連動した指紋認証リーダーKJ-3400Fの導入事例
勤怠管理に指紋認証を活用することで、客観性のある正確な勤怠状況の把握が実現します。さらに、指紋認証は個人特定能力が高く、なりすましも困難であるため、高いセキュリティ環境を構築することが可能です。カードや鍵を持ち歩く必要もなく、従業員の利便性も向上するなど、さまざまなメリットがあり、導入する企業が増えています。
 
○企業の勤怠管理に指紋認証リーダーKJ-3400Fを導入
企業のオフィスに指紋認証を導入し勤怠管理と連動することで、従業員の勤怠状況を正確に把握することができます。従業員の出退社時間のデータをデジタル上で記録・保管することができるため、月単位や年体で記録をまとめることも可能です。これにより給与計算や労務管理の効率化が実現し、労務担当者の負担軽減も見込めます。出退社の時間はデジタル上に自動で記録・保管されるため、正確性が高く、ヒューマンエラーも発生しません。また、KJ-3400は1秒以内に指紋を読み取り認証するため、多くの従業員が行き来する企業であっても迅速に利便性の高い入退室と勤怠管理が実現します。出勤ラッシュの時間帯であても、混雑することなくスムーズです。なりすましによるタイムカードの不正打刻やタイムカード打刻後のサービス残業なども防ぐことができ、勤怠管理の信頼性が向上します。
 
○総合病院のスタッフ出入り口にKJ-3400Fを導入
総合病院は診療科目が多いため出入りするスタッフの数も多く、夜勤や日勤など勤務時間もバラバラです。そんな総合病院のスタッフ出入口に指紋認証を導入し勤怠管理と連動することで、利便性と正確性の高い効率的な勤怠管理が実現します。勤怠管理として主流であるタイムカードは打刻ミスもあり、医療現場の忙しい日々の業務に加えて打刻ミスの訂正申請などの負担が重なります。また、スタッフ数が多いため労務管理担当者の負担も重く、ヒューマンエラーも発生しやすくなります。指紋認証リーダーKJ-3400Fは1秒以内に指紋認証を実行することができ、自動で勤怠時間の記録が保存されるため、打刻ミスによる業務の負担や労務管理の負担も軽減し、迅速で利便性の高い勤怠管理を実現します。また、誰かが代わりにタイムカードを打刻するといった不正も困難となり、サービス残業が多くなりがちな医療現場の働き方を見直すきっかけにもなります。
 
○工場の勤怠管理に指紋認証リーダーKJ-3400を導入
大規模な工場では働く人の入れ替わりも激しく、短期間で雇用される従業員も多数います。勤怠管理で活用できる指紋認証リーダーKJ-3400Fは、指紋の登録もパソコンやモニターを用いて簡単に実行することができるため、従業員の指紋を一人ひとり登録する手間も最小限に抑えることが可能です。また、指紋認証により従業員の労働時間を正確に把握することで、効率的なスケジュール管理をおこなうことができ、計画的な生産計画を設定できます。認証方法はシンプルで、認証センサーに指を置くだけで自動で実行されるため、海外から働きに訪れている人やデジタル操作に不慣れな人も安心して活用することが可能です。
 
◎まとめ
従業員の労働状況を正確に把握することが義務化されている現代において、指紋認証を用いて正確で客観性の高い勤怠管理を実現することは企業の信頼性や生産性を高めることにも繋がります。KJ TECH japanの指紋認証リーダーKJ-3400Fは正確性の高い指紋認証を高速で実行することができるため、セキュリティ強化だけでなく勤怠管理として活用するにも最適です。指紋認証を勤怠管理に活用する場合のご相談は、年中無休・24時間対応可能なカギ舎までお問い合わせください。

鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569
メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎セキュスターズ株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241
■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1
東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域