TEL:0120-69-0569
お問合せフォーム
MENU

防犯・トピックス

電気錠や電子錠のスマートキー

自動車のドア開閉やエンジンの始動でおなじみのスマートキーですが、自宅や事務所といった玄関の電気錠や電子錠のスマートキーも増えています。マンションではエントランスに導入されているオートロックのスマートキーを使用している方も多いのではないでしょうか。スマートキーをポケットや鞄に入れておけば、オートメーションで電気錠が開くので大変便利です。スマートキーはカギを手に取る必要がないため、大きな荷物を持っていて両手が塞がっている時や赤ちゃんを抱っこしている時などにもカバンの中のカギを探すストレスから解放されます。利便性をはじめとして数多くのメリットのあるスマートキーですが、実は深刻なトラブルも数多く報告されています。

スマートキーの特徴と起こりやすいトラブルについて正しい知識を得たうえで電気錠や電子錠のスマートキーを取り入れ生活を快適かつ安全にしていきましょう。

 

◎セキュリティ面で安心のスマートキー

平成14年頃より「ピッキング」という不正開錠による侵入盗が社会問題になりました。鍵穴に簡単な器具を差し込み、ものの数秒で玄関の鍵を開けてしまうため、テレビのピッキングの再現VTRを見てカギの交換を決められた人も多くいました。

スマートキーの電子錠、電気錠は鍵穴に鍵を差し込み解錠するものではなく、スマートキーより発せられる電波で解錠するためピッキングは現実的に不可能です。不正開錠の難しいスマートキーは侵入盗対策に大変有効なためオフィスビルや機密室といったセキュリティ対策の重んじられる場面での導入が増えています。

また、鍵穴に入り込んだゴミやほこりなどによりカギが上手く回らないといったシリンダーならではのトラブルにおいても、スマートキーであれば鍵穴を使用しないため何の問題もありません。また、物理的なカギの無いスマートキーの電子錠、電気錠なら、いつのまにかスペアキーを作られてしまうといったトラブルも起こりません。職場を退職した元従業員が返却していないカギを利用して後日建物に不正侵入するといった事件を見聞きしますが、スマートキーや電子錠、電気錠を採用している建物であればその心配はありません。電子錠や電気錠を導入していれば、たとえ退職者よりカードキーやスマートキーを返却してもらえなかったとしても、該当するカードキーやスマートキーを無効にしたり、暗証番号を変更したりするなどの方法でいくらでも不正侵入に対応することができるので自宅やオフィスの安全を確保することができます。

 

◎防犯性の高いスマートキー

スマートキーはノンタッチでカギを開けたり、ボタンをプッシュしたりするだけで電気錠や電子錠を解錠できるため、ドアの前でガサゴソとカバンの中のカギを探すストレスとも無縁になります。実はドアの前でカバンの中のカギを探す行為は防犯上とても危険なのはご存じでしょうか。万が一窃盗犯が尾行していた場合、住人が玄関前でカギを探していれば室内には誰もいないことがわかってしまい、ドアを開けたタイミングで押し込み強盗の被害にあう危険性が高まるので、一人暮らしの方は特に気を付ける必要性があります。カバンの中のカギを探すことに集中すると、周囲の危険な気配を察知することもできなくなるので、スマートキーは防犯上とても有効なカギです。安全面や機能面、利便性の良さからも電子鍵や電子錠、スマートキーの普及が進んでいくことは間違いないでしょう。

 

◎さまざまなデバイスがスマートキーに

電子鍵や電子錠に近づいたりボタンを押したりするだけで解錠できるスマートキーですが、キーホルダータイプのスマートキー以外にも解錠できる電子錠や電気錠があるのでご紹介します。

 

〇キーホルダータイプ

自動車のスマートキーに似ている形状もあり、おなじみとも言えるスマートキーです。玄関の電子錠や電気錠をリモコン操作できるだけでなく、スマートキーホルダーを携帯すればハンズフリーで解錠したり一定距離を遠ざかると自動で施錠したり、充実した機能を備えていることもスマートキーの魅力です。オートロックで締め出されることが心配な方は、スマートキーのボタン操作のみで稼働するように設定できる電子錠もあるので購入するときに確認するとよいでしょう。

 

〇スマートフォン

スマートフォンに電子錠や電気錠に対応したスマートキーアプリを入れることで電子錠や電気錠と連携し鍵の状態をいつでも確認できて電子錠を施錠することができます。もしカギをかけ忘れていた場合にはスマホのスマートキーアプリで電気錠を施錠できるので、カギのかけ忘れの多い方や、自宅を出てから「あれ?玄関のカギかけたっけ?」と不安になることが多い方にとって、スマートフォンに連動したスマートキーは大いに役に立ちます。

 

ICカード

キャッシュカードのような形状のICカード対応の電子錠や電気錠はカードタイプのスマートキーを定期入れやお財布に入れておけばよいので持ち運びにとても便利ですしスマートキー紛失の危険性も格段に低くなります。定期入れを玄関のドアノブにかざすだけで電気錠や電子錠を解錠できるので大変便利です。専用のICカードのスマートキーだけでなくSuitaを登録できる電子錠「SESAME mini」はSuicaをスマートキーとして利用できる利便性に優れた電子錠です。

 

 

〇シール

建具用品メーカーの老舗YKKAPの電気錠は、ICカードやリモコンなどのスマートキーだけでなくシールタイプのスマートキーに対応している製品も用意されています。

シールタイプのスマートキーを自動車のリモコンスマートキーやスマートフォンに貼り付けるだけでよいので持ち歩くカギを増やすことも無く大変便利なスマートキーです。ただし、材質によってはシールのスマートキーを貼り付けることのできない場合もあります。シールのスマートキーは金属などへの貼付は向いていなく、一度貼り付けたシールのスマートキーを剥がすと基盤を痛めてしまうため、正常に動作しなくなる可能性があります。シールのスマートキーを貼り付ける際にはセロテープなどで仮止めをしてスマートキーが正常に動作することを確認してからシールを貼り付けるようにしましょう。

 

Apple Watch

Qrio Lock」はドアの内側のサムターンにかぶせるタイプの後付け電子錠ですが、Apple Watchによる施錠/解錠に対応した画期的なスマートキーです。時計のように身に着けるApple Watchをスマートキーとして利用できるので電子錠の鍵の紛失の心配もありません。

 

◎スマートキーのトラブル

便利でセキュリティ機能の高い電気錠、電子錠のスマートキーですが、スマートキーのトラブルに遭遇したときはどのように対応したらよいのか不安になり、電子錠や電気錠の導入に踏みきれないという方も多くいます。スマートキーのトラブルとその対処法を確認していきましょう。

 

〇締め出し

スマートキーの導入の際に最も心配されることのひとつに「カギの締めだし」があります。たとえば玄関の下駄箱の上にスマートキーを置きっぱなしにしてゴミ捨てなどに外へ出た場合、オートロック機能により電気錠が閉まってしまうことがあります。

自分1人が締め出されてしまうのも困りものですが、家の中に小さな子どもや高齢の家族がいる場合には一刻も早く部屋に戻らなくてはならないため、スマートキーの誤作動による締め出しはもっとも気を付けなくてはならない電気錠や電子錠のトラブルと言えるでしょう。

玄関の締め出しを防ぐには、電子錠、電気錠の扉の近くにスマートキーを置かない習慣を作ることがとても大切です。玄関から2~3メートル離れた場所にスマートキーの保管場所を作り、帰宅したら必ず決められた場所に戻すように家族でスマートキーの取り扱いについて確認し合うとよいでしょう。

 

〇電池切れ

アナログにないトラブルとしてスマートキーや電子錠の電池切れも大きな問題の1つです。スマートキーや電子錠の電池が切れてしまうと施錠も解錠もできなくなってしまい途方にくれてしまいます。電子錠の電池とスマートキーのボタン電池の寿命も気にかけておくことが大切です。スマートキーは常に電波を発しており、スマホやパソコンの近くなど電波の干渉がある場所ではスマートキーのボタン電池の消耗が早まるため気を付けなければなりません。特にカバンやポケットの中でスマートキーとスマホを一緒に入れておくことは控えましょう。電子錠の製品マニュアルには電池のおおよその寿命が掲載されていますので早めにスマートキーと電子錠の電池交換をして快適に動作するように日頃からスペア電池を準備しておけば安心です。

 

〇スペアのスマートキーの作成

家族が増えた場合などは、リモコンやICカードのスペアのスマートキーが必要になりますが、アナログと異なり電気錠の本体のメーカーにスマートキーのスペアを注文することとなり時間も費用もかかります。電子錠や電気錠を導入する最初の段階にスマートキーのスペアも必要数を併せて注文しておくとよいでしょう。

 

〇リモコンのスマートキーを紛失

キーホルダーなどに取り付けられるスマートキーはとても便利ですが、アナログと同様にスマートキーを落としたり紛失したりすることもあるでしょう。万が一電気錠や電子錠のスマートキーを紛失してしまった場合には、無くしたスマートキーの情報を削除することで対応できます。リモコンのスマートキーにはアナログの鍵が非常時用として付属しているタイプもありますが、カギのついたスマートキーを紛失すると電気錠のシリンダーの交換をしなければならなくなるためリスクも大きくなります。子どもや高齢の方のスマートキーはリモコン機能だけのスマートキーやICカード、シールのスマートキーを選びましょう。

 

〇水に弱い

災害時などに玄関の電気錠やリモコンのスマートキー、スマホのスマートキーが水没すると電子錠や電気錠そのものが稼働しなくなるためスマートキーを使うことができなくなります。非常時用のアナログな鍵を内蔵したスマートキーも多く発売されているので自分の生活スタイルに合わせて電子錠や電気錠を選びましょう。

 

〇暗証番号のイタズラによる締め出し

暗証番号式の電子錠や電気錠は侵入犯やいたずらによる不正開錠を防ぐため、間違えた番号を続けて何度も入力すると自動ロックがかかる電子錠や電気錠がほとんどです。電子錠にロックがかかってしまった場合には帰宅して家に入ろうとしても解錠できないためパニックになるかもしれません。暗証番号式の電気錠を導入する場合には、リモコンのスマートキーやスマホアプリのスマートキーなどといった、暗証番号以外の方法でも電子錠や電気錠を解錠できるように設定をしておくと安心です。

 

◎取り付けはカギ専門業者へ

電子錠や電気錠のセキュリティは堅牢なため信頼できる業者に工事をしてもらい正しく利用することでスマートキーのトラブルを回避することができます。しかし、うっかりリモコンスマートキーを紛失したり、スマートキーの置き場所を間違えたりして締め出されてしまうといったヒューマンエラーは家族のひとりひとりが気を付けるしかありません。電子錠や電気錠は複数の機能を備えている製品がほとんどなので、どのスマートキーを導入することがベストなのか慎重に検討していきましょう。スマートキーの製品マニュアルには電池のおおよその寿命やスペアのスマートキーの作製方法まで電子錠や電子錠を利用する上で役に立つ情報が掲載されていますのでいつでも取り出せる場所に収納しておくとよいでしょう。

 

◎まとめ

スマートキーは従来のアナログな鍵のトラブルを解決する画期的な電子錠、電気錠の鍵として普及が進んでいますが、アナログの鍵とは異なり電子錠や電気錠ならではのトラブルも数多く発生しています。電子錠、電気錠の製品マニュアルにはスマートキーの特徴や電池交換の目安、便利な機能などスマートキーに関する有益な情報が満載されていますので導入するときに必ず確認をして取り出しやすい場所に保管しておくようにしましょう。当社では様々な電子錠や電気錠のトラブルを解決したスマートキーの知識のある優秀なスタッフが揃っているのでお気軽にお問い合わせください。


鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569
メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241
■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1
東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、埼玉県一部、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【埼玉県】

和光市、新座市、朝霞市、戸田市、蕨市、川口市

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域