防犯・トピックス

電気錠の交換や電気錠の後付け」

いま世の中では、自宅や事務所、倉庫などの物件を管理する方法は、「鍵」から「カード」「暗証番号」の時代へと変化してきました。
 
何よりも防犯性に優れているということがいえます。
 
また家族だけでなく、職員など複数の人間が同時にその物件を使用する際において、管理が行き届き、利便性が高まるといえるでしょう。
そうなると、その物件の価値は高まりますし、ステータス自体も向上するといえるでしょう。
 
「電気錠には興味があっても、たいへんな工事になるのでは・・・」
「電気錠の取り付けって、いくらくらいになるの?」
「自宅のドアは古いけど取りつけはできるの?」
「停電になると使えないのでは?」
そのように心配になられている方もおられるのではないでしょうか。
 
ここでは、鍵から電気錠への交換や取り付けについて、見ていきたいと思います。
 
 
目次
○こんな使い方ができる電気錠!その便利な特徴をご紹介!
 ●古いドアから新しいドアまで設置可能!
 ●施解錠方法がとても便利!来客時もラクラク!
 ●防犯にとっても優れているため安心!
○電気錠は物件管理におススメ!その理由とは
 ●物件管理がラクラク!
 ●鍵交換は一切不要!
 ●低コスト!しかも物件の価値が向上!
○電気錠の交換・取り替えについて
 ●電気錠の交換・取り換え時期について
 ●古い電気錠に多い、雷での故障!
 ●電気錠の交換・取り付け方法について
 ●玄関扉の電気錠の交換・取り付けについて
 ●電気錠と電池錠の違い
○電気錠の後付けについて
 ●古い扉でも電気錠は後付けできる?
 ●玄関扉に電気錠を後付けしたい!
 ●引き戸でも電気錠は後付けできる?
 ●賃貸でも電気錠を後付けできる?
 ●門扉にも電気錠は後付けできる?
○おススメの電気錠をご紹介!
 ●ゼウスロック(ZRUS LOCK)
 ●ゲートマンネロ(GATEMAN Nero)
 ●ゲートマンネロ(GATEMAN Nero)V100
 ●ゲートマン(GATEMAN)F10
 
 
○こんな使い方ができる電気錠!その便利な特徴をご紹介!
電気錠の取り付けを行うと、どのようなことができるのでしょうか。
電気錠の便利な特徴について、お伝えしていきます。
 
 ●古いドアから新しいドアまで設置可能!
電気錠の取り付けについては、古いドアから新しいドアまで、分け隔てなく取り付けすることが可能です。
 
また引き戸や開き戸、自動ドアなどドアの種類もさまざまですが、電気錠の取り付けをしたいというドアに適切な電気錠がありますので、ご提案させて頂きます。
 
そのために、ドアの取り替えを行う必要はありません。
 
 
 ●施解錠方法がとても便利!来客時もラクラク!
施解錠については、鍵を差し込んで行う必要はありません。
 
非接触キーシステムについては、非接触キーと呼ばれるキーヘッドやタグカードを近づけるだけで、ドアが解錠できる仕組みになっています。ご自身で所有されているWAONやナナコ、楽天Edyカードなどを鍵にすることもできるのです。
便利で安全なために、幅広く非接触キーシステムが使用されています。
 
暗証番号によるテンキータイプのものについては、そもそも鍵を持っておく必要がなく、暗証番号により解錠することができますので、鍵の紛失の心配がありません。もちろん使用するすべての人に鍵を渡す必要もありません。
 
暗証番号については、いつでも自由に好きな番号を設定することができますので、仮に使用する人が変わった場合でも、鍵交換をすることなく安心してし続けることができます。
 
また電気錠については、オートロック機能が付いています。鍵のかけ忘れの心配がいりませんから、防犯上においても安心することができます。
 
来客時においては、インターフォンと連動させることができ、インターフォンの操作だけで解錠することができます。また無線式の解錠リモコンを使うこともでき、電波の届く範囲で解錠することができます。
 
わざわざ解錠するために玄関に行く必要もありません。
 
 
 ●防犯にとっても優れているため安心!
電気錠ですから、ピッキングなどの不正に解錠することができなくなります。
鍵穴があるタイプでしたら、どうしても防犯に対する不安が付きまといますが、そのような心配をする必要がなくなります。
 
暗証番号タイプも電気錠であれば、多数の人が使用するような場合においても、暗証番号の変更はすぐに可能ですし、入室する期間を設定することもできます。
例えば民泊のように、数日だけ宿泊されるような場合においては、その宿泊期間に合わせて、施解錠の設定をすることができるのです。
 
また認知症を患っている方が、家族の知らない間に外出されてしまうようなことや、小さいお子様がついうっかり外に飛び出してしまうことがないように、内側からドアを開けることができないように設定することもできます。
 
 
 
○電気錠は物件管理におススメ!その理由とは
事務所や店舗、倉庫、公共施設、病院、銀行、介護施設などなど、最近では電気錠を見かけないことはないと思います。
 
もしも物件の管理において、電気錠を検討しておられるのでしたら、ぜひとも取り付けをおススメします。
ここでは、物件管理において、電気錠をおススメする理由についてお伝えしていきたいと思います。
 
 
 ●物件管理がラクラク!
いままで、「鍵」によって、物件管理をしていた時代は、さまざまな問題がありました。
 
複数の人間が出入りするような物件においては、その都度、合鍵を用意し渡さなくてはなりません。安易に鍵を渡してしまうことに、不安感も生じるでしょう。当然、その鍵を忘れてしまうと物件に入れないことがありますし、中には紛失してしまうということもあるでしょう。また鍵のかけ忘れという心配もあるかもしれません。
 
電気錠になると、「カード」「暗証番号」による管理になります。
「カード」での管理になると、出入りする人たちにカードを渡さねばなりませんが、もしも紛失したとしても、そのカードのデータを削除すれば、防犯上はまったく問題になりません。制限をかけたり、削除したりするなどの設定はとても簡単にできます。
 
複数の人間が出入りするようなところにおいては、暗証番号タイプの電気錠であれば、鍵やカードなどを携帯しておく必要もありません。暗証番号を覚えてさえすればいいのですから、防犯上においてもとても安心です。また暗証番号の設定も簡単にできますから、心配であれば、定期的に番号を変えるということもできるのです。
 
「カード」や「暗証番号」に対して、期間限定に設定することも可能です。
一時的に部屋を貸すような場合においては、電気錠に期間を設定しておけば、それ以上の日数が経過すると自動的にロック状態になり安心です。
 
例えば民泊で利用するような場合であれば、鍵をわざわざ返却してもらう必要もなくなりますから、その分の人件費などを削減する効果もあります。
 
 
 ●鍵交換は一切不要!
もしも鍵であれば、誰かが紛失してしまうと、防犯上の関係からどうしても鍵を交換せざるを得ないような状態になると思います。
 
合鍵を用意する本数が多ければ多いほど、手間ですしコストも問題になってくると思います。
 
しかし電気錠において「カード」「暗証番号」での管理でしたら、鍵自体を交換する必要はまったくなくなります。
 
もしもカードを紛失したとしてもカード情報を削除すればいいだけですし、暗証番号についても番号の設定は簡単なので、番号を交換すればセキュリティを維持することができます。
 
 
 ●低コスト!しかも物件の価値が向上!
毎回、鍵を交換することを考えれば、電気錠に交換してしまえば、どんなトラブルがあったとしても低コストで抑えられることができます。
 
さらにセキュリティ面において、とても信頼になるものになりますから、物件の価値が向上します。
 
先ほどからお伝えしている、利便性に加えて、ピッキングなどの不正解錠の心配がなくなりますから、物件の信頼感が高まるでしょう。
 
 
 
○電気錠の交換・取り替えについて
 ●電気錠の交換・取り換え時期について
電気錠については、機械のものですからどうしても経年劣化が起こります。そのため交換時期というものが存在します。
 
日本ロック工業会では「鍵の耐用年数についてのガイドライン」を発表しており、物件に備え付けられている電気錠は、使い始めてから7年で交換・取り換えすることを勧められています。
 
もしもみなさんの物件で活用されている電気錠が古くなっているのであれば、交換・取り換えをおススメします。中には10年以上も活用しているという電気錠も珍しくありません。電気錠によるトラブルにあわない前に、ぜひともご検討ください。
 
 
 ●古い電気錠に多い、雷での故障!
近年、日本の各地ではゲリラ豪雨と呼ばれる急激な雷雨に見舞われることが多くなりました。みなさんの地域においても、被害にあわれた方がおられるかもしれません。
 
古い電気錠を使用されている場合に、近くに落雷が起きてしまうと、電気錠が開かない状態になってしまうというトラブルが多発しています。落雷がもとで故障してしまうとマニュアルキー(鍵)を使わないと開かないようになってしまうのです。
 
マニュアルキーを持ち歩きされている方はほとんどおられないと思いますので、急きょ修理の依頼をする羽目になってしまいます。しかし状況によっては、修理などを待てないような場面も多くあるかと思います。
 
特に古い電気錠については、すぐに交換することがよいでしょう。
 
 
 ●電気錠の交換・取り付け方法について
電気錠の交換方法については、ご自身でも可能です。
しかし実際には、電気ドリルなどで加工が必要なものがあり、失敗してしまうとうまく取り付けできない場合がありますので、ぜひご相談頂きたいと思います。
 
電気錠の取り付け位置を確認し、その部分を電気ドリルなどで加工していきます。加工した部分に合わせて、電気錠の室外機をねじ止めなどしていくことになります。
 
電気錠の取り付けについては、扉の種類によって、それほど差があるわけではありません。引き戸の場合でも、同様に設置していきます。
 
ドアによっては、厚さがあるものや逆に薄いもの、飾り枠がついているもの、、ドア枠だけが厚みがあるものもあります。それぞれによって、設置や加工の方法が変わってきます。設置自体は可能ですが、飾り枠自体を削ってしまわないといけないようなこともあります。
 
 
 ●玄関扉の電気錠の交換・取り付けについて
近年、リビングが2Fにある一戸建て住宅が多くなっています。
2Fでくつろいでいるときに1F玄関の施解錠を行わないといけないような場合、やはり2Fのインターホンやリモコンによって操作ができると便利です。
 
そのように考えられる方がとても多く、電気錠を交換したいとの相談があります。
 
電気錠のこのようなシステムは、電気錠を取り付けるうえで、とても大きなメリットであると思います。ぜひこのような操作性があることを視野に、取り付けの相談を頂きたいと思います。
 
 
 ●電気錠と電池錠の違い
一般に電気錠と呼ばれているものは、自宅の電源により作動するものと、電池により作動するものがあります。
 
自宅の電源を使用して作動させるものは配線工事などが必要になりますが、インターホンと連動させるなど、さまざまなシステムを組み込むことができます。
 
電池式では、複雑なシステムを組み込むことはできませんが、カードにより施解錠できるものや、電子マネーカードで施解錠できるものなどさまざまです。リモコンで施解錠できるものもあります。
 
配線工事が必要となりませんので、取り付けの手間も少なくなります。電池式においては、電池がなくなる前に知らせてくれますから、電池切れで困るようなこともありません。
 
 
 
○電気錠の後付けについて
 ●古い扉でも電気錠は後付けできる?
古い扉だからと、電気錠をあきらめておられる方がたくさんおられます。
しかし、どれだけ古い扉でも電気錠の取り付けスペースさえあれば後付けは可能です。扉のほとんどで後付けが可能なのです。扉の交換が必要になることはほとんどありません。
 
もしも古い扉でお悩みであれば、一度ご相談を頂きたいと思います。当社から確認に伺い、取り付けできる電気錠をご提案させて頂きます。
 
 
 ●玄関扉に電気錠を後付けしたい!
玄関扉が現在、鍵を差し込むタイプのものを使っていて、電気錠を後付けしたいというご相談が多くなりました。
 
鍵穴に鍵を差し込まなければならない場合、鍵の向きが違うと差しこむことができなかったり、暗くてうまく差し込むことができなかったり、鍵がうまく回らなくなってきたりします。
 
そのような不便さを感じる中で、電気錠への後付けを考えられる方がとても多くなっています。
 
もちろん玄関扉ごと交換が必要になることはありません。電気錠を後付けすることはほとんどの扉で可能です。
 
 
 ●引き戸でも電気錠は後付けできる?
引き戸を活用されている扉もたくさん存在します。
引き戸であっても電気錠にしたいという方も多くおられます。引き戸で、しかも古い扉で、出かけるたびに鍵を回して施解錠することが面倒だという人も少なくないと思います。
 
そんなお悩みを持つみなさんのために引き戸に取り付けることのできる電気錠も販売されているのです。
 
もちろんほかの電気錠と同様に使用することができます。
オートロック機能はもちろんのこと、リモコン操作も可能です。防犯性は高いのが特徴で、無理にこじ開けようとすると、大音量のアラームが鳴るものもあります。非常災害などにおいても内側から手動で解除できるなどの機能がついています。
 
ぜひともご相談頂きたいと思います。
 
 
 ●賃貸でも電気錠を後付けできる?
賃貸マンション・賃貸事務所など、賃貸物件にお住まいの方などにおいて、電気錠を後付けしたいという方もおられるでしょう。
セキュリティから利便性などを考えると、どうしても電気錠が必要な場合も出てくると思います。
 
賃貸物件で電気錠を取り付けたい場合、問題となってくることが、「自分が所有している物件ではないのに勝手に取り付けていいのか」という問題です。
 
しかしまったく心配はいりません。
扉を加工することなく後付けできる電気錠が販売されています。備え付けたとして、原状回復しなければならないような場合においても、すぐに取り外しを行うこともできますから、賃貸だとあきらめておられるかたはぜひご相談ください。
 
 
 ●門扉にも電気錠は後付けできる?
最近は、門扉に電気錠を後付けしたいというご相談も多く頂くようになりました。
門扉であっても玄関扉同様に、鍵で施解錠するのはやはり面倒になりますし、玄関扉と門扉があるならば、手間は倍増してしまうことになります。
 
中には、門扉については鍵を閉めないという方もおられると思います。家族の出入りを考えてのことなのでしょうが、それでは不審者に入ってくださいといっているようなものです。
 
門扉には門扉用の電気錠もあり、後付けも可能ですので、もしも玄関扉の電気錠の交換・後付けを考えておられる方であれば、同時に門扉も検討してみてはいかがでしょうか。
 
ぜひともご相談ください。
 
 
 
○おススメの電気錠をくわしくご紹介!
 ●ゼウスロック(ZRUS LOCK)
・優れた防犯性
ゼウスロック(ZRUS LOCK)は、防犯にとても優れています。もしもお出かけの間にサムターンまわしなど不正侵入があれば、ゼウスロック自身から警報が鳴るように設定できる機能があります。「お出かけロック」と呼ばれているもので標準装備されています。
 
また就寝時などにおいて解錠したくないような場合、解錠できないようにロックすることも可能です。ロックした状態でタッチパネルから番号を入力しようとすると、警告音が鳴り操作できない仕組みになっています。
 
ゼウスロック自体に強い磁気を当てたとしても、誤作動などを起こすことはありません。防犯性を高めるために、磁気対策も施しているのです。
 
・強い耐久力
ゼウスロックは、ほかの電気錠にはない2モーターシステムとなっており、20万回程度の作動が可能となっています。
 
火事や大雨などがあったとしても、大丈夫です。
防水機能は、IPX5レベルとなっています。IPX5とは、日本工業規格で定められたJIS保護等級と呼ばれているもので、防水性能を表すものとなっています。
あらゆる方向から大雨のような噴流水があったとしても、影響はありません。
 
またゼウスロック自体が、合金で造られた鋳物であるダイキャストやプラスチック製品ですので耐火性能もとても高くなっています。
 
・高い利便性
ゼウスロックは、「暗証番号」「カード」による認証により施解錠することができます。オートロック機能がありますので、鍵のかけ忘れの心配はありません。
 
また施解錠には、「Suica(スイカ)」「Edy(エディ)」「nanaco(ナナコ)」「WAON(ワオン)」など、普段利用しているマネーカードを登録することもできます。
 
またリモコンが後付けできます。約30メートルほどの距離であればリモコンを活用することができます。とても小さいですので、持ち運びに便利です。
 
電源は電池を使用するタイプで、自宅玄関など1日10回程度の開閉であれば、1年間ほど使用することができます。
玄関扉、引き戸、門扉、自動扉など、すべてのドアや扉に後付けすることができます。
 
 
 ●ゲートマンネロ(GATEMAN Nero)
・高い利便性
ゲートマンネロは、「暗証番号」「カード」による認証により施解錠することができます。オートロック機能がありますので、鍵のかけ忘れの心配はありません。
 
また施解錠には、「Suica(スイカ)」「Edy(エディ)」「nanaco(ナナコ)」「WAON(ワオン)」など、普段利用しているマネーカードを登録することもできます。
 
またリモコンがオプションで後付けできます。建物の構造にもよりますが、2Fからでもリモコンを活用することができます。とても小さいですので、持ち運びに便利です。
 
電源は単三電池4本を使用するタイプで、電池の交換時期を知らせてくれる機能がついています。
 
・便利な機能
ゲートマンネロには、便利な機能がたくさんあります。
カードキーは、個別に登録や削除ができますから、削除したいユーザーだけ無効にすることが可能です。
 
暗証番号については、4桁~12桁で設定することができ、周りに人がいるような場合に役立つ、のぞき見防止機能がついています。
 
・優れた防犯性
ゲートマンネロは、違う暗証番号やカードを連続5回使用した場合に、ロックモードが作動し、3分間機能が停止するようになっています。
暗証番号やカードの登録や削除はとても簡単に設定できるようになっています。
 
もしも緊急時に、施錠されている状態でロックがかかっているとしても、室内ハンドルによって解錠できるから安心です。
 
施錠している状態で、サムターンまわしを無理に行おうとしたり、無理にこじ開けようとした場合は、10分間、警報音が鳴る仕組みになっています。
 
 
 ●ゲートマン(GATEMAN)V100
・高い利便性
ゲートマン(GATEMAN)V100は、「暗証番号」「カード」による認証により施解錠することができます。オートロック機能がありますので、鍵のかけ忘れの心配はありません。
カードキーは「FeliCa」「Mifare」タイプを切り替えて使用するようになっています。
 
もしも緊急時に、施錠されている状態でロックがかかっているとしても、室内ハンドルによって解錠できるから安心です。
 
またリモコンがオプションで後付けできます。建物の構造にもよりますが、2Fからでもリモコンを活用することができます。とても小さいですので、持ち運びに便利です。
 
電源は単三電池4本を使用するタイプで、電池の交換時期を知らせてくれる機能がついています。1日10回程度の開閉で、1年間使用することができます。
 
・便利な機能
ゲートマンV100には、便利な機能がたくさんあります。
カードキーは、個別に登録や削除ができますから、削除したいユーザーだけ無効にすることが可能です。
 
暗証番号については、簡単に設定や変更を行うことができ、周りに人がいるような場合に役立つ、のぞき見防止機能がついています。
 
・優れた防犯性
ゲートマンV100は、違う暗証番号やカードを連続5回使用した場合に、ロックモードが作動し、3分間機能が停止するようになっています。
暗証番号やカードの登録や削除はとても簡単に設定できるようになっています。
 
施錠している状態で、サムターンまわしを無理に行おうとしたり、無理にこじ開けようとした場合は、警報音が鳴る仕組みになっています。
 
 
 ●ゲートマン(GATEMAN)F10
・高い利便性
ゲートマン(GATEMAN)F10は、「指紋認証」「暗証番号」「カード」による認証により施解錠することができます。指紋認証はスキャン方式を採用している優れものです。
 
指紋認証ですから、カードを忘れたり暗証番号を忘れたりしても大丈夫です。
またオートロック機能がありますので、鍵のかけ忘れの心配はありません。
 
また就寝時などにおいて解錠したくないような場合、解錠できないように操作することも可能です。ロックした状態で指紋認証やタッチパネルから番号を入力しようとしても、操作できない仕組みになっています。
 
さらに外部から室内の解錠を無効にする設定も可能です。
 
・便利な機能
ゲートマンF10には、便利な機能がたくさんあります。
カードキーは、個別に登録や削除ができますから、削除したいユーザーだけ無効にすることが可能です。
 
指紋、カード、暗証番号については、簡単に設定や変更を行うことができます。暗証番号の入力については、周りに人がいるような場合に役立つ、のぞき見防止機能がついています。
 
電源は単三電池4本を使用するタイプで、電池の交換時期を知らせてくれる機能がついています。1日10回程度の開閉で、1年間使用することができます。
 
またリモコンがオプションで後付けできます。建物の構造にもよりますが、2Fからでもリモコンを活用することができます。とても小さいですので、持ち運びに便利です。
 
・優れた防犯性
ゲートマンF10は、違う暗証番号やカードを連続5回使用した場合に、ロックモードが作動し、3分間機能が停止するようになっています。
 
施錠している状態で、サムターンまわしを無理に行おうとしたり、無理にこじ開けようとした場合は、警報音が鳴る仕組みになっています。指紋や暗証番号を入力するまでは、30分間警報音が鳴り続けます。
 
ゲートマンF10自体に強い磁気を当てたとしても、誤作動などを起こすことはありません。防犯性を高めるために、磁気対策も施しているのです。
 

鍵交換や鍵紛失のカギトラブルでお困りですか?いつでもどこでも東京・横浜・川崎の全域に急行いたします

0120-69-0569

メールフォーム・LINEでのお問い合わせ

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の会社概要

カギ舎株式会社

■本社
〒166-0012
東京都杉並区和田1-31-3
TEL:03-6454-1241

■事業所
杉並区和田1-25
中野区本町6-31-2
八王子市館町575-1

東京商工会議所
杉並警察ビル防犯協会所属

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎の対応エリア

鍵交換、鍵紛失に対応するカギ舎は東京都、横浜市、川崎市全域対応

【東京都】

中野区 新宿区 足立区 荒川区 杉並区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 江東区 品川区 渋谷区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 墨田区 豊島区 練馬区 文京区 港区 目黒区 北区 西東京市 三鷹市 調布市 武蔵野市 全域

【神奈川県】

横浜市 川崎市 全域